論説

  • 2022.09.12

アジアに傲岸、米国に追従の安倍晋三元首相――マッチ擦るつかのま海に霧深し身捨つるほどの祖国はありや

内田雅敏 ■はじめに反社会的団体旧統一教会絡みで銃撃を受け、殺された安倍晋三元首相が国葬に付されるという。在任中に地球儀を俯瞰する外交を展開した世界的なリーダーだという。確かに8年に亘長期韓御在任中にあちこち飛び回った事実はある。しかし、北方諸島問題、拉致問題にしろ、何らかの成果があったとはとても思 […]

  • 2022.08.23

2023年5月「G7広島首脳会議」批判の市民集会開催の提案

■G7、NATOとウクライナ侵略戦争の歴史的背景  G7(=米英仏独伊日加+欧州連合)は、歴史的には、カナダ以外の6カ国が20世紀前半までの帝国主義時代における列強国=軍事大国であり、今も米英独仏日の5ヶ国の各国の年間軍事費は世界のトップ10を占めている(日本は9番目)。しかも米英仏3カ国が核兵器保 […]