『季刊ピープルズ・プラン』92号




  ◎定価1300円+税
   A5版176ページ
   発行・ピープルズ・プラン研究所
   発売・現代企画室

   >>>★お申し込み方法はこちら

特集:左翼運動はどこで転換したか

Part I. 〈1970年〉――革命的暴力と新左翼
◆ 特集にあたって(天野恵一)
◆【座談会】大学闘争から〈生活者〉の闘いへ――追悼・湯浅欽史さん(井野博満・長尾すみ江・山口幸夫・天野恵一)
◆【安藤紀典インタビュー】構造改革派の軌跡――運動史への証言(上)
◆【インタビュー】金井淑子さんに聞く 「遅れてきたリブ」としての私
◆ 抗日遊撃戦を闘った齋藤龍鳳という男の足跡 (本間健彦)

Part II. 1980年代――左翼勢力の退潮と新しい運動の登場
◆特集にあたって(白川真澄)
◆「女の時代」の「生活者」の運動―― 一過性だったのか?(上野千鶴子)
◆【インタビュー】高木澄子さん 男女雇用平等法を求めた女性たちの運動、そしていま
◆国家的不当労働行為「国労つぶし」を再考する――「大阪府労働委員会中曽根元首相不当労働事件」を中心に(要 宏輝)
◆チェルノブイリ原発事故と反・脱原発運動(安藤丈将)
◆反天皇制運動の登場(北野 誉)
◆【対論】(武藤一羊×白川真澄):曲がり角としての1980年代――中曽根、左翼、民衆運動

特集外
◆メキシコ:新政権2年目の権力抗争――中間選挙前のロペス・オブラドール政権(山端伸英)
◆読書逍遥(5)井上勝生『明治日本の植民地支配――北海道から朝鮮へ』を読む(花崎皋平)
◆只今闘病中―読書ノート44(天野恵一)

地域から
◆広島から――ついに始まった「自前の活動」(田浪亜央江)
◆長崎から――長崎と聖火リレー(山口響)
◆札幌から――アイヌ民族の権利と差別をめぐって(小泉雅弘)

書評
◆蔭山 宏『カール・シュミット――ナチスと例外状況の政治学』(中村勝己)
◆武器としての政治思想 ――リベラル・左派ポピュリズム・公正なグローバリズム』(長澤淑夫)
◆糟谷プロジェクト編『語り継ぐ 1969』(松井隆志)

CR
◆アートアクティヴィズム94――イトー・ターリの新作パフォーマンス「自分で額を撫でるとき」(北原 恵)
◆ながさわセンセイの高校白書31――「取り出し」授業(長澤淑夫)
プリンタ出力用画面
友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
季刊誌