前月 昨日 2007年 7月 15日(日) 明日 翌月
18時00分~21時00分

ドイツ反G8報告集会

■2007年ドイツ反G8行動報告集会

 日時:7月15日(日) 18:00?
 場所:渋谷区勤労福祉会館・第一洋室
 参加費:500円


 2007年6月初頭、ドイツ・ハイリゲンダムで行なわれたG8サミットに対抗した運動
が生みだした空間は、まさに「多様性・柔軟性」という言葉でいい表すのにふさわし
いものであった。延べ十数万の参加者たちは、各々の要求と課題をもちより、ねばり
強い討議を繰り返しつつ連帯を希求し、創造力にあふれた直接行動とフォーラム活動
を展開した。

 1999年のシアトルWTO、2001年のジェノバG8を画期に台頭した反グローバリズム運
動は、9・11と対テロ戦争の開始というバックラッシュを被った。しかし、とどまる
ことを知らない新自由主義と軍事主義による社会、環境、人権の徹底的な破壊策動は
不満と怒りの声を募らせ、そしてそれをテコに、対抗運動は新たな反撃の時を迎えつ
つある。
 今年の反G8行動には日本からも数多くの人々が参加した。直接行動をしたり、長い
行進をやり遂げたり、対抗フォーラムの組織化に尽力したりと、それぞれが様々な運
動の場を体験し、貴重な経験を得てきた。
 今回の報告集会は、私たちが「多様性を保障しつつ連帯を希求する」ことに全力を
尽くしたの活動家たちと討議し、共に行動するなかで得た〈経験〉を共有し、その
〈経験〉を来年の北海道・洞爺湖G8対抗運動に向けて豊富化していくことを目的とし
たい。そして、本集会を、新たな連携(コアリション)を作りあげる討議と共有の場
にしていきたいと考えている。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


□報告者:
 大屋定晴(世界社会フォーラム連絡会)
 栗原康(ATTAC Japan)
 金ちゃん(「持たざる者」の国際連帯行動、釜ヶ崎パトロールの会)

 平沢剛(NO! G8)

□ビデオ上映

□コメンテーター:
 大橋正明(2008年G8サミットNGOフォーラム)
 木下茅(ピープルズプラン研究所)他

□司会:
 小倉利丸(ピーブルズプラン研究所)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

□呼びかけ(第一次分):
 ATTAC Japan
 新しい反安保行動をつくる実行委員会
 釜ヶ崎パトロールの会
 世界社会フォーラム連絡会
 鉄建公団訴訟原告団
 日本消費者連盟
 NO! G8
 ピープルズプラン研究所
 「持たざる者」の国際連帯行動
 大野和興(脱WTO/FTA草の根キャンペーン)
 金子文夫(オルタモンド)
 越田清和(さっぽろ自由学校「遊」)
 松原明(ビデオプレス)
 安田幸弘(レイバーネット日本)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

□連絡先:
 ピープルズプラン研究所 TEL:03-6586-2005 Email:ppsg@jca.apc.org



 
  <今日>