ラウンド・テーブル 第3期(2007年〜)



[2008年8月24日]
 ■激論・日本に反グローバリゼーション運動は上陸したのか!?
  ――反洞爺湖G8サミット行動総括討論会
  発言者:秋本陽子(ATTAC Japan)
      栗原康(ATTAC Japan、No G8 Action)
      越田清和(G8サミット市民フォーラム北海道)
      なすび(山谷労働者福祉会館)
      平井玄(音楽批評)
      平沢剛(明治学院大学非常勤講師、映画批評)

[2008年6月15日]
 ■だれが破滅する地球を救うのか? 地球温暖化と食糧危機
  発言者:天笠啓祐さん (ジャーナリスト、市民バイオテクノロジー情報室代表)
       「グローバリゼーションが生み出す食糧、エネルギー問題」
      足立治郎さん (「環境・持続社会」研究センター[JACSES]事務局長)
       「どこへ行く? 日本の環境政策」

[2008年3月20日]
 ■PPブックス 白川真澄著
  『格差社会を撃つ―ネオ・リベにさよならを』
   出版記念ラウンドテーブル
  発言者:白川真澄(ピープルズ・プラン研究所運営委員)
       「なぜネオ・リベとの決別が必要か」
  コメンテーター:
     竹信三恵子(ジャーナリスト)
       「『官か民か』―不毛な『二項対立』思考の転換を」
     なすび(山谷労働者福祉会館/「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会)
       「ネオ・リベに異を唱える現場から」

[2008年1月19日]
 ■季刊誌40号発行連携ラウンドテーブル
  〜 どう考える? 日本の政治〜
  発言者:
   武藤一羊(PP研運営委員)
    安倍政権自壊の歴史的意味
     ――この異常な10年を真紀戻し既成事実を解体する攻勢へ」
   服部良一(大江・岩波沖縄戦裁判支援連絡会世話人)
    沖縄集団自決教科書記述改ざん問題と福田政権の今後の沖縄政策

[2007年9月30日]
 ■「美しい日本を剥ぐ」
   第3回 沖縄「集団自決」における「日本軍強制」削除問題(教科書)
   発言者:鳥山 淳さん(新沖縄フォーラム『けーしかじ風』編集運営委員会)

[2007年7月7日]
 ■「美しい日本を剥ぐ」
   第2回 「靖国神社問題」と安倍政権
        ――政府(旧厚生省)の靖国関与と政教分離原則(憲法20条)の問題をめぐって
   発言者:辻子 実(「靖国参拝違憲訴訟の会・東京」事務局長)

[2007年6月13日]
 ■「美しい日本を剥ぐ」
   第1回「慰安婦問題」と安倍政権
    ――NHKドキュメンタリー番組改ざんと米下院決議問題を中心に
   発言者:西野瑠美子さん(VAWW-NETジャパン共同代表)




プリンタ出力用画面
友達に伝える