【ピープルズ・プラン研究所 ラウンドテーブル(RT)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013.11.16(土)
「オリンピック異論――原発・改憲・バブル」
ゲスト:谷口源太郎さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


なぜオリンピックを開くのか。2008年のことだが、当時東京都知事だった石原慎
太郎は、「理念な んかどうにでもつくれる」と言い放った。では2020年東京五
輪が決まった現在ではどうなのか。たとえば招致委のいう「今、ニッポンにはこ
の 夢の力が必要だ」は、なるほど一見理念らし く感じる。

だが、そもそもその「ニッポン」人の半数近くが、「この夢の力」のせいで「復
興が後回しにされる」と感じているし、その8割近くが福島原発の 「状況はコン
トロールされている」とは思ってない。では、この「理念」はいったい誰のため
のものなのか。結局、2008年に石原が夢見た「大 規模な再開発」こそ、ホンネ
であり、そのためにつくられただけじゃないのか。めざすは「湾岸バブル」、も
うかるのはゼネコンと広告代理店。そ のうしろでは政治家がエサを待つ。

そうして再開発が進められるなかで、やはり「復興」は後回しにされ、社会福祉
費も削られ、野宿者などへの締め付けは厳しくなり、都市景観は無 思慮なまで
に破壊されていく。そして「状況コントロール」発言の背後で、福島原発の「本
当の」状況と、現にその被害のもとにある人びとの分断 状況は、隠ぺいされて
いく。その水面下では安倍首相の念願である「改憲」が虎視眈々と進められてい
く――。

今回は、長年にわたってオリンピック招致反対の論陣をはってきたスポーツ
ジャーナリスト・谷口源太郎さんをお招きして、オリンピックのもたら す問題
について討論したいと思う。

古い迷夢よ、さらばである!

    * * * * * *

■講師:谷口源太郎さん(スポーツジャーナリスト)

【*著者プロフィール】 スポーツ評論家。早稲田大学中退後、講談社、文藝春
秋の雑誌記者を経て、現在はフ リーとして活動する。スポーツを社会的な視点
から捉えた切れ味のいい文章には定評がある。中でも、98年の長野冬季オリン
ピックの招致問 題では、コース 開発による自然破壊とJOC会長堤義明氏が経営
するスキー場との関わりで大論陣をはり、堤義明JOC会長辞任劇の真相を暴いた
ことで知られる。著書に「ス ポーツを殺すもの」(花伝社)「日の丸とオリン
ピック」(文藝春秋)「冠スポーツの内幕 スポーツイベントを狙え」(Nikkei
Neo Books)などがある。

■日時:2013年11月16日(土)
 17時半開場、18時開始(21時終了予定)
*フロアとの討論時間をたっぷりとります(終了後、講師を囲んで懇親会予定)

■参加費:会員500円/非会員800円/生活困窮者・学生など500円

■場所:ピープルズ・プラン研究所会議室(東京メトロ有楽町線江戸川橋1-b出口
より徒歩5 分、東西線早稲田駅・神楽坂駅よりそれぞれ徒歩15分) 
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

■主催:ピープルズ・プラン研究所
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
TEL: 03-6424-5748
FAX: 03-6424-5749
E-mail: ppsg@jca.apc.org 
http://www.peoples-plan.org/jp

プリンタ出力用画面
友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。