ピープルズ・プラン研究所 シンポジウム

2016年

ピープルズ・プラン研究所2016年度シンポジウム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「天皇『生前退位』と安倍改憲を考える」


【日時】 11月13日(日)14:00〜17:30(13:45開場)
【パネリスト】
 ◎松井隆志さん(大学教員・社会学)
  「自民党改憲案を読む」
 ◎青山薫さん(大学教員・ジェンダー研究)
  「イギリス王室との比較で考える」
 ◎天野恵一さん(反天皇制運動連絡会)
  「『生前退位』と改憲」

 ◎司会:鶴田雅英さん

【会場】 ピープルズ・プラン研究所
【参加費】 会員500円、非会員800円
【主催】 ピープルズ・プラン研究所
【連絡先】東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
TEL: 03-6424-5748 FAX: 03-6424-5749
E-mail: ppsg@jca.apc.org


ピープルズ・プラン研究所・成蹊大学アジア太平洋研究センター、武藤一羊さん『戦後レジームと憲法平和主義』刊行記念シンポジウム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「戦後レジームと憲法平和主義」


【日時】 6月11日(土)14:00〜17:30(13:00開場)
【パネリスト】
 ◎李泳采さん(恵泉女学園大学)
 ◎大井赤亥さん(日本学術振興会特別研究員)
 ◎加納実紀代さん(女性史研究)
 ◎新城郁夫さん(琉球大学)

【リプライおよびコメント】
 ◎武藤一羊さん(ピープルズ・プラン研究所)
 ◎天野恵一さん/花崎皋平さん(ピープルズ・プラン研究所)
 ◎司会:松井隆志さん(武蔵大学)
      :田浪亜央江さん(成蹊大学アジア太平洋研究センター)

【会場】 成蹊大学6号館B・C会議室
【参加費】 無料
【主催】 ピープルズ・プラン研究所・成蹊大学アジア太平洋研究センター
【連絡先】東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
TEL: 03-6424-5748 FAX: 03-6424-5749
E-mail: ppsg@jca.apc.org

2015年

ピープルズ・プラン研究所シンポジウム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「安倍政権をどうやって倒すか――なぜまだ倒せていないのか」


【日時】 9月27日(日)13:00〜17:30(12:30開場)
【発言者】
 ◎竹信三恵子さん(ジャーナリスト・和光大学教授)
 ◎服部良一さん(元衆議院議員)
 ◎「安保関連法案制定を阻止し、安倍政権を打倒するための学生ハンスト実行委員会」の学生さん数名と、中村勝巳さん(中央大学法学部兼任講師)
 ◎司会:白川真澄さん(『季刊ピープルズ・プラン』編集長)

【会場】 スペースたんぽぽ http://bit.ly/1jVp31T
【資料代】一般1000円、ピープルズ・プラン研究所会員/前売り700円
【主催】 ピープルズ・プラン研究所
【連絡先】東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
TEL: 03-6424-5748 FAX: 03-6424-5749
E-mail: ppsg@jca.apc.org

<前売り割引あります!>
ピープルズ・プラン研究所まで、電話・ファックス・メール・口頭
などで、シンポジウムへの参加の意思をお伝えください。当日、前
売り価格(700円)で精算いたします。
  詳細はこちら

2013年

12・1シンポジウム実行委員会主催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「このままでいいのか わたしたちが選ぶ〈未来〉は?」


◎日時:12月1日(日)10:00〜17:30(9:30開場)
 【映画上映】10:00〜10:50 「国道20号線」富田克也監督
 【第一部:講演】11:00〜12:50
 【第二部:報告と討議】14:00〜17:30
◎会場:明治大学リバティタワー16F 1163教室(JR御茶ノ水駅下車5分)
◎参加費(資料代):1000円
◎主催:12・1シンポジウム実行委員会 連絡先 090-4592-2845(松田)
  詳細はこちら



2012年

オルタナティブ提言の会 シンポジウム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「世界を変える」〜〜浜矩子さんを迎えて


 【日時】2012年10月20日(土) 午後2時〜6時(1時半開場)
 【場所】明治学院大学白金キャンパス2号館2401教室
 
 【発言者】
  ◎浜 矩子(はま のりこ)さん
    同志社大学大学院教員、エコノミスト
 【コメンテーター】
  ◎勝俣 誠(かつまた まこと)さん
    明治学院大学国際平和研究所長
  ◎盧 勝(こうさか まさる)さん
    『ダウンシフターズ』著者
  ◎船橋 邦子(ふなはし くにこ)さん
    北京JAC〈世界女性会議ロビイングネットワーク〉共同代表)
 主催:オルタナティブ提言の会/共催:明治学院大学平和研究所
 連絡先:ピープルズプラン研究所
  詳細はこちら



2010年

植民地主義を葬る時代(とき)――沖縄・在日・日本国

 【日時】2010年12月11日(土) 13:20 開場 13:30 開始
 【場所】文京シビックホール3F会議室
 
【発言者】
 ◎高里鈴代(たかざと・すずよ)さん
  「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」共同代表。
 ◎李洪章(り・ほんじゃん)さん
  1982年生。在日朝鮮人3世(韓国籍)
 ◎吉見俊哉(よしみ・しゅんや)さん
  東京大学大学院情報学環教授。

  詳細はこちら

●主催:ピープルズ・プラン研究所



2009年

動き始めた政治のなかで
社会をほんとうに変えるために


◆日時:2009年11月1日(日)13:30〜17:30(開場13:00)
◆場所:明治学院大学白金校舎 本館10階大会議場

◆パネラー
・貧困とのたたかい――雇用・生活・住まいの保障
   稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)
・労働価値中心社会を問い直す
   栗田隆子さん(有限責任事業組合フリーターズフリー)
・武力で平和は保てない
   山口響(ピープルズ・プラン研究所)
◆コメンテーター
ひびのまこと さん(クィア・アクティヴィスト)※あと1人交渉中
◆コーディネーター
 青山 薫(ピープルズ・プラン研究所共同代表、京都大学助教)
   詳細はこちらで!
●主催:ピープルズ・プラン研究所
●後援:明治学院大学国際平和研究所



[2008年1月26日] サンパール荒川

 資本と国家の東アジア共同体構想への否!とオルタナティブ!
 東アジア共同体の形成と課題…金子文夫

 国境を越える農民の知恵と実践…菅野芳秀

 貧困の女性化から連帯へ…伊藤みどり

 移住と労働運動…鳥井一平

 日本にもアジアにも基地のない世界を…湯浅一郎


[2006年11月18日] 明治学院大学

 安倍政権の暴走にストップを
 改憲は何を狙うか、私たちはどうするか…ダグラス・ラミス

 格差社会とジェンダー…竹信三恵子

 格差と心の支配に抗して――教育基本法改悪を批判する…三宅晶子

 出口のない危機管理政権…小倉利丸


[2005年11月27日] 明治学院大学

 中国と日本 遠くて近い未来の仲間

 日中近代化の歴史の中で連帯の思想的基盤を探る…孫歌

 日中関係の今を日本側から見る…加々美光行

 中国労使関係の歴史的特性…アポ・リョン 

 「東アジア共同体」構想と中国・日本…金子文夫

 「人びとの世界」をつくる――日常生活の中で生きる効果的な運動…ラオ・キンチ


2004年11月27日] 明治学院大学 

 姿を現した改憲の全体像

  ――改憲勢力が企む国家・社会の「改革」像とは?

     改憲に抵抗する力をどう創りだすか


 改憲の二つの狙いと改憲論の諸類型…渡辺 治

 なぜ男女平等規定が狙われるのか…竹信三恵子

 民衆の安全保障からみた憲法九条…土佐弘之

 討論


 [2003年11月15日] 明治学院大学

 踏みとどまり押しかえす:原則なき政治と解体する社会を乗り越える力

   ――行き詰まる「帝国」とグローバル化のなかで


  基調報告: 「社会」をつくりなおす力を蓄えていくために

           小倉利丸(ピープルズ・プラン研究所共同代表)

  ゲスト報告:希望とは選びとるもの――アジアにおける戦争と平和

           ジニー・マニポン(ARENAコーディネーター、APA事務局責任者) 

  【第1セッション】使い捨てられる労働――新しい労働運動はどこから生まれるか

     広がる非正規雇用の世界…中野麻美(弁護士)

     多国籍企業の横暴に抗して人間としての誇りを取り戻す

        …遠野はるひ(横浜アクションリサーチセンター)

  【第2セッション】北朝鮮問題――国家の立場からではない論じ方

     在日コリアンと9・17以降の日本社会…琴玲夏(ピースポート)

     北朝鮮問題について口を閉ざしてはいけない…太田昌国(現代企画室) 

  【第3セッション】平和と安全保障――国家・軍隊の立場からではないアプローチ

     平和をつくる民衆の努力の中に憲法九条を再定位する…君島東彦(非暴力平和隊国際理事)

     国家を越えること、暴力・排他性を超えること…武藤一羊(ピープルズ・プラン研究所共同代表)


2001年12月8日] 明治学院大学国際会議場

 テロ・報復戦争のもとで グローバル資本主義を超える

* 基調報告:戦争システムとしてのグローバル化……マリア・ミース

* グローバル資本主義と対抗的ヘゲモニー……斉藤日出治

* 「生き生きとした関係」「助け合い」「自律」ーーマリア・ミースを社会倫理学の観点で読む……川本隆史

* オルタナティブとしてのサブシステンス・パースペクティブ……古田睦美


2001年2月24日、25日] 日本キリスト教会館

 憲法の論じ方を変え改憲論を斬る――日本列島社会構成の原理を考える

* 報告者

o 論点の提起…武藤一羊

o 改憲論の国家像・社会像…天野恵一

o 「護憲論」の問題点…笹沼弘志

o 民衆の安全保障と第9条…ダグラス・ラミス

o 女性の視点から…赤石千衣子

o 多文化共生の視点から…高二三

o 環境と民主主義の視点から…中西四七生

o 自治と分権の視点から…島袋純

o 反天皇制の視点から…桜井大子

o グローバリゼーションと憲法…斉藤日出治、小倉利丸



1999年9月18日、19日] 明治学院大学

 日本列島社会・第三の選択―軍隊のいらない安全保障・ゼロ成長で豊かに生きる

* 全体集会発言者 花崎皋平、丸山真人、高里鈴代、ルイス・ロペツェーラ・メンデス、ラオ・キンチ

* 分散会I ダグラス・ラミス、天野恵一、松井やより、武藤一羊

* 分散会II 金子勝、秋山眞兄、疋田美津子、奥山玲子

* 分散会III 川本隆史、金井淑子、山本勝美、中野聡、井上朱美



開催日 1998年6月27日 早稲田奉仕園

設立記念シンポジウム「国境を越える民主主義とその主体」


* 報告者 武者小路公秀、武藤一羊、萩原なつ子、崎山政毅、(司会)花崎皋平







プリンタ出力用画面
友達に伝える