英文雑誌 "Japonesia Review"創刊号目次




- Editorial Overview
Japonesia 2005 Overview -Democratic Totalitarianism Sets in but We are not Overcome
【創刊に寄せて】『2005年概観―民主的全体主義の広がりにつぶされない私たち』(共同編集責任者著)

MUTO ICHIYO
“Revise the Peace Constitution, Restore Glory to Empire!・-Ultra-right Takes Initiative in Changing the Postwar State
武藤 一羊(ピープルズ・プラン研究所共同代表)
『平和憲法改悪、「帝国の繁栄を再び!」― 戦後国家改造を牽引する右翼勢力』

LAU KIN CHI
Peace-building as Collaborative Effort by the People of China and Japan
ラオ・キンチ(ARENA)
『日中民衆の協力で平和をつくるための提案』

OTA MASAKUNI
North Korean Abductions: Rampancy of the Right and the Silence of the Left
太田 昌国(民族問題研究者)
『北朝鮮拉致問題−勢いづく右派、沈黙する左派』

TAKENOBU MIEKO
Bashing Gender Equality: Establishing a System that Squeezes the Population on All Sides
竹信 三恵子(ジャーナリスト)
『男女平等バッシングの裏で進む「一般人絞り上げシステム」』

NARUSAWA MUNEO
Rightist History Textbook as the Focus of Political Struggle over Japan's Future Course
成澤 宗男(『週間金曜日』ライター)
『日本の将来を争う政治的焦点として浮かび上がる右派歴史教科書』

KANEKO FUMIO
Toyota: a Corporate Monarch Shaping Japan in its Image
金子 文夫(横浜市立大学教授)
『企業君主としてふるまうトヨタ:日本を自分流に作り変える狙い』

C. DOUGLAS LUMMIS
Why are the Japanese Self-Defence Forces in Iraq?
ダグラス・ラミス(政治学・平和研究家)
『なぜイラクにいるの、日本の自衛隊?』

YUI AKIKO
Okinawan Anti-base Movement Regains Momentum -New U.S. Base Project off Henoko Beach Met with Effective Non-Violent Resistance on the Sea
由井 晶子(ジャーナリスト)
『再び盛り上がる沖縄の反基地運動―辺野古沖新米軍基地建設計画を押しとどめる海上非暴力抵抗運動』

AKIRA KAWASAKI
The Critical Juncture of Japan's Defense Policy vis-a-vis the U.S. Strategy
川崎 哲(ピースボート共同代表)
『米国の戦略に対する日本防衛政策の岐路』

NASUBI
Organizing Japan's Urban-Industrial Underclass -Homeless and Day Laborers Forge a New Anti-globalizasion Alliance
なすび(山谷労働者福祉会館)
『日本における都市最下層労働者とその運動:日雇・野宿労働者による反グローバリゼーションの闘いの萌芽』

OGURA TOSHIMARU
Making an Issue of the “Alternative World”
小倉 利丸(ピープルズ・プラン研究所共同代表)
『争点としての「もうひとつの世界」』

プリンタ出力用画面
友達に伝える