『季刊ピープルズ・プラン』第81号



  ◎定価1300円+税
   A5版176ページ
   発行・ピープルズ・プラン研究所
   発売・現代企画室


   >>>★お申し込み方法はこちら





【現場から】

◆新元号制定に反対する署名運動の渦中から/井上森

◆東海第二原発の危険性/山崎久隆


【いまを読み解く】

◆米朝会談と南北首脳会談をどう見るのか/中村利也

◆トランプ政権と中東の行方/田浪亜央江


《特集》象徴「天皇陛下」万歳の《反安倍(リベラル)》でいいのか?


特集にあたって/天野恵一

◆【座談会】「平成天皇制」の独自の政治的統合力
       ――「安倍政権との対立と共存をめぐって
          太田昌国×鵜飼哲×天野恵一(司会)

◆象徴天皇制と戦後憲法――歴史学の視座から/伊藤晃

◆《片山杜秀 批判》「象徴天皇制の虚妄に賭ける」
           ――『未完のファシズム』戦後と象徴天皇制/田中利幸

◆《島薗進 批判》「神聖」か、「象徴」か、いかなる「国家神道」か/北野誉

◆《白井聡 批判》「天皇による天皇制批判」という妄想/松井隆志

◆《内田樹 批判》「日本的情況」に足すくわれた狠里竜霓有瓠臣翕莊写

◆憎悪の美学――天皇=平和言説の根源にあるもの/小倉利丸

◆天皇制に無批判な「生前退位」大報道/山口正紀

◆皇室におけるジェンダー――「眞子さま」婚約騒動/千田有紀

◆戦後憲法と象徴天皇制――憲法学の立場から/中北龍太郎

◆只今闘病中―読書ノート(33)
 平成代替わり(「生前退位」騒ぎ)の中でА薪渓邨丹

◆北村小夜さんインタビュー
 かつての愛国少女からみた象徴天皇制の「生前退位」
   聞き手:天野恵一・鶴田雅英


【インタビュー】

【非正規・不安定労働者の運動に聴く・番外編高際裕哉へのインタビュー】

 北関東のシャッター街に集まるアジアからの留学生たち/平井玄

【グローバル討論空間】

◎世界社会フォーラム2018/大屋定晴

◎東京オリンピックで注視される「責任あるサプライチェーン」/遠野はるひ

【連載】

安倍改憲をつぶす、その先に何を展望し、実現するか
憲法前文と九条の原理の実現プロセスについて(III・上)/武藤一羊

【書評】

◎星野英一他著『沖縄平和論のアジェンダ――怒りを力にする視座と方法』/大畑凛

◎松尾匡他著『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3・0の政治経済学』/柴垣顕郎

【CultureReview】

[art]アート・アクティヴィズム88/北原恵

[column]ながさわセンセイの高校白書(21)/長澤淑夫





プリンタ出力用画面
友達に伝える
季刊誌