『季刊ピープルズ・プラン』第77号



  ◎定価1300円+税
   A5版174ページ
   発行・ピープルズ・プラン研究所
   発売・現代企画室


   >>>★お申し込み方法はこちら


【現場から】

◆憲法違反の共謀罪「法」は廃止しかない/中森圭子

◆安倍政権は辺野古、高江での米軍新基地建設の違法工事をやめろ/真喜志好一


【いまを読み解く】

◆安倍首相の自衛隊加憲論案は憲法九条を空文化させる/久保田明人

◆トランプ政権とグローバル覇権の展望/金子文夫

《特集》ロシア革命一〇〇年

◆特集にあたって/白川真澄

◆【インタビュー】ロシア革命はいかに論じられてきたか/和田春樹

◆現代のアナーキズムから見たロシア革命/田中ひかる

◆ロシア革命の歴史的意義――中国から見る  戴錦華×滕威

◆ラテンアメリカに与えたロシア革命の衝撃/崎山政毅

◆中国革命とロシア十月革命 /丸川哲史

◆ロシア革命と日本人/安藤紀典

◆「『米騒動』を抱きしめて―ECHOES FROM RICE RIOT―
  列島縦断プロジェクトに向けて」 /生・労働・運動ネット富山

◆資本主義のグローバルシステムの危機と「文明・環境」の中で/国富建治

◆私のロシア革命論 (I)
 -ロシア革命との個人的出会い―飛び石伝いの回想/武藤一羊
 -冷戦崩壊に間に合った最後の世代から/大井赤亥

◆資本主義に代わるオルタナティブ/西部 忠


【グローバル討論空間 】

◆メキシコの連帯経済について―資本主義のオルタナティブとしての可能性/山本純一

◆台北・半路珈琲からの報告/平井玄


【連載シリーズ】

◆〔連載エッセー〕営みとしての思想5(最終回) 方法としての歩くこと/花崎皋平

◆路地裏のアベノミクス―エスカレートする銀行カードローン /平忠人

◆只今闘病中――読書ノート29
  平成代替わり(「生前退位」騒ぎ)の中で 
    ―『天皇観の戦後史』−『遊撃的マスコミ論』を読む/天野恵一

◆『敗戦後論』再考 第10回 「私」から「私たち」へ(上)(松井隆志)

◆〔リレー書評〕 第2回 白川真澄著『左翼は再生できるか』―誌上討論(新開純也)


【書評】

◆池田嘉郎『ロシア革命』岩波新書、2017年/竹村厚士

◆斎藤純一『不平等を考える』2017年、ちくま新書/森達也

◆竹信三恵子『正社員消滅』2017年、朝日新書/北健一


【Culture & Review】

◆ながさわセンセイの高校白書(18)/長澤淑夫

プリンタ出力用画面
友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
季刊誌