リニューアル第12号
『季刊ピープルズ・プラン』第62号



  ◎定価1300円+税
   A5版160ページ
   発行・ピープルズ・プラン研究所
   発売・現代企画室


   >>>★お申し込み方法はこちら





【連載】

【現場から】水俣病事件の現状と課題/谷洋一

【ご当地「脱原発」ローカル・デモ】第4回 原発イヤだ!府中の活動/村上らっぱ

《沖縄・分断にあらがう》〔2〕「生存」の思想を培う――いま振り返る金武湾・反CTS(石油備蓄基地)闘争/上原こずえ

中国山地の地域再生に携わって(9)若手農業者によるUIターン促進活動に向けて/相川陽一


【いまを読み解く】
 参院選・対抗勢力・安倍政権/白川真澄

《特集》改憲――レジームチェンジ

◆米国は改憲を望んでいるのか――日米関係と憲法九条/君島東彦

◆立憲主義の破壊は許さない/宇都宮健児

◆歴史認識の欠如した改憲はアジアの緊張を高める/内田雅敏

安倍「壊憲」政権の政治的「手口」
   ――それはすでに「ナチス」ばりである/天野恵一
[PDF]

◆〈個〉を奪う家族、家族を取りこむ国家/熱田敬子

◆メディアの現場から見た安倍政権報道/日比野敏陽


【ラウンドテーブル報告】

  アベノミクスは私たちをどこへ連れ出すのか
   ネット革命と利子率革命の意味するもの/水野和夫


《小特集》障害者・難病患者の現在――重層する困難と制度

『障害者・難病患者の現在
   ――重層する困難と制度』によせて/番園寛也


◆障害×女性という地点からの声に耳を傾ける/瀬山紀子

◆地域作業所カプカプの試み
   ――制度も“つながる”手立てのひとつに/鈴木励滋

【連載シリーズ】

只今闘病中―読書ノート(16)
 社会正義〈思想〉と「平和利用」イデオロギー/天野恵一
[PDF]

《運動の思想》を読む(40) 加納実紀代著『ヒロシマとフクシマのあいだ』/千田有紀

【書評】

◎牧野雅子『刑事司法とジェンダー』/青山薫[PDF]

◎金井淑子『倫理学とフェミニズム』/米田祐介

◎調昖『朴正煕 動員された近代化』/石坂浩一

◎中田英樹『トウモロコシの先住民とコーヒーの国民』/藤原辰史

◎坂本直充『詩集 光り海』/丹波博紀[PDF]


Culture Review

[movie]

「カレが捕まっちゃった」/亀田旬子

[column]

ながさわセンセイの高校白書(3)
 万引き・心の寂しさ・不安/長澤淑夫

「それでも自民にいれちゃうの?デモ」「Save Me, Save Us」連続デモの二日間/小椋優子

新しい時代は始まった――三宅洋平の「選挙フェス」/川邉 雄


【交流】

朝鮮戦争停戦六〇周年
  ――ソウルで「歴史と平和」国際会議(武藤一羊)

原発現地と結んでどう再稼働を阻止するか 8・8討論集会(鰐沢桃子)

沖縄・高江の座り込み裁判と映画『標的の村』上映開始(ほしのめぐみ)
[PDF]
プリンタ出力用画面
友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
季刊誌