季刊『ピープルズ・プラン』35号2006年夏号

◆南のガザ回廊と北の「大ガザ」──イスラエルの「対テロ」戦争を批判する(岡
田剛士)
◆ならず者国家の蛮行◎(チャンドラ・ムザファ、武藤一羊訳)
●レバノン、パレスチナにおけるイスラエルの戦争犯罪についての共同声明
●〈資料〉 パレスチナ国民憲章  二〇〇六年五月 アッバース大統領によって承認

【特集】マルチチュード/ピープル/プレカリアート
    ――グローバリゼーションに対抗する主体を構想する

◆ピープルネスへ――「運動の主体」概念を捉えなおす◎(花崎皋平)

◆生きていることそのものが不安定にさせられる支配様式の中で◎(崎山政毅)

◆抵抗が真の抵抗となり得るための理論◎(海妻径子)

◆討論

◆「ピープルネス」への批判に応えて◎(花崎皋平)

◆フランスの新移民法をめぐる論点――植民地主義の遺産と新自由主義への抵抗◎(清水芳恵)

◆フランスの反乱における三つの契機◎(レミ・エレーラ、小倉利丸他訳)

◆アメリカのヒスパニック系移民の異議申し立て(井村俊義)

◆グローバリゼーション下のケララ(春日 匠)

◆座談会「下流」は黙っていない――フリーター・女性パート・野宿者の運動と連
帯の可能性◎(山口素明、なすび、藤井とよみ)

◆なぜ日本のシングルマザーは貧困なのか(田宮遊子)

【小特集】沖縄・グアム・ハワイは米軍再編に抵抗する
◆同じ怒り、同じ希望をもって――六・二三国際反戦沖縄集会報告(笠原 光

◆沖縄ではどのように受け止められたか(真喜志 好一)
◆米国の存在はすべてを破壊する――グアムでも、沖縄でも(ジュリアン・アグオン)
●〈ハワイからの連帯メッセージ〉島々は手を結ぶ。上なるものはすべて引きおろされて。

◆中国に狙いをきめる――米国の長期世界戦略(マイケル・クレア、山口響訳)

【objection】象徴天皇制を廃止していくための運動論――天野恵一さんの批判に応えて(池田祥子)

【時評】「富田メモ=天皇発言」から読めるもの
――人の道に「反した」「非道」な男の論理!(天野恵一)

【書評】
◆ 高原幸子『媒介者の思想』(青山 薫)
◆D.ミレー/E.トゥーサン『世界の貧困をなくすための50の質問』(栗原 康)
◆愛敬浩二『改憲問題』(天野恵一)
◆東京国民保護条例を問う連絡会編『地域からの戦争動員』(梶野宏)

【シリーズ】うちなーだより 熱い夏、再び◎26(由井晶子)

【シリーズ】運動の思想を読む21(千田有紀)
飯島愛子著『〈侵略=差別〉の彼方へ――あるフェミニストの半生』

【シリーズ】アジアのムラから見た《世界》17 中国でとまどったあれこれ(大
橋成子)

【交流】
プリンタ出力用画面
友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
季刊誌