『季刊ピープルズ・プラン』40号2007年秋号

特集にあたって◆白川真澄

______________________________

 ★特集:どう変える? 日本の政治――安倍政権崩壊の意味を問う
______________________________

◎安倍政権自壊の歴史的意味
――この異常な一〇年を巻き戻せ! 既成事実を解体する攻勢へ◆武藤一羊

◎安倍政権から福田政権へ、その〈歴史認識〉の変容
――〈ポチ・ナショナリズム〉の“自爆”と“修正(もともどり)”◆天野恵一

◎参院逆転で新自由主義はとまるか?
――カギは社会破壊の実態の共有と下からの働きかけ◆竹信三恵子

◎「集団的自衛権論議」はどこへ行く◆国富建治

◎農村と地方は民主党の政策で救われるか◆大野和興

◎マイノリティの旗を掲げて――参院選をたたかって◆尾辻かな子

◎【座談会】自民党惨敗後の政治はどう変わるか どう変えるか
                 ◆上原公子、渡辺治、白川真澄

◎うちなーだより31 衆院選挙後の沖縄◆由井晶子

______________________________

▼G8サミットとグローバル資本主義の覇権構造
――虚構の帝国を支える先進国の政治経済学(上)◆小倉利丸

▼【インタビュー】ウォルデン・ベロに聞く
――洞爺湖G8を「最後のG8」にしよう◆聞き手:小倉利丸

▼FTAをストップさせる運動をどう作るか
――APECシドニー・オルタナティブの現場より◆安藤丈将
______________________________

ピープルズ・プラン研究所2007年スタディーツアー
______________________________

フィリピン――ピープルパワーの国は今◆笠原光

スービック米軍基地跡と周辺を訪問して◆船橋邦子

フィリピンの土地問題――闘う農民たち◆佐分利豊

《ラウンドテーブル》日本とフィリピン民衆の対話:
  日比経済連携協定(JPEPA)
     ――日本による第二の侵略◆アリス・レイモンド

エッセイ:◎「涙の谷」を果敢に生きぬくフィリピンの人びと◆山本真理
     ◎おいしくて豊かな時間の記憶◆泉カオリ

フィリピンツアー事前学習会
  フィリピン連帯運動の歴史と「民衆貿易」の今後◆大橋成子

______________________________

書評
______________________________

◎清水雅彦著『治安政策としての「安全・安心」まちづくり』◆山口響

◎中野憲志編 藤岡美惠子他著『制裁論を超えて―朝鮮半島と日本の〈平和〉を紡
ぐ』◆李泳采

◎湯浅誠著『貧困襲来』◆小屋 亮


◎アントニオ・ネグリ講演集(上)(下)◆廣瀬 純

◎カラカサン(移住女性のためのエンパワメントセンター)・反差別国際運動日
本委員会(IMADR-JC)編『移住女性が切り拓くエンパワメントへの道――DVを受
けたフィリピン女性が語る』◆青山薫


______________________________

<連載シリーズ>
思想を読む25:岡本恵徳著『水平軸の発想――沖縄の「共同体意識」』◆北野誉
アジアのムラから見た《世界》[番外編]:ナヨン村のみなさまへ◆大橋成子
______________________________
「ピープルネス」へ◎第二章 オギュスタン・ベルクの風土学◆花崎皋平
______________________________

研究会プロジェクト報告
戦後研究会◆松井隆志
憲法研究会◆山口響
ラウンド・テーブル:
シリーズ「『美しい日本』を剥ぐ」第一回〜三回◆塩沢加奈子
「私」と戦後日本の社会運動 第・章◆笠原 光

交流
プリンタ出力用画面
友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
季刊誌