『季刊ピープルズ・プラン』36号2006年秋号

今号にあたって 白川真澄

====================
【特集】安倍的ナショナリズム・その脆弱さ
 ――「美しい国」の「美しい言葉」を剥ぐ
====================

◎安倍新保守政権の読み方・処し方――上野千鶴子さんインタヴュー 聞き手/青山薫

◎戦後象徴天皇制国家と安倍政権 ――〈ポチ・ナショナリズム〉のゆくえ●天野恵一

◎安倍極右政権の登場 ―― 勝利の頂点での原理的挫折と北朝鮮核危機●武藤一羊

◎〈自然権〉としての集団的自衛権?●山口 響

◎安倍政権は格差社会を加速する●白川真澄

◎連携を強化していく日米韓保守勢力と市民社会の課題●李 泳采

◎米朝交渉で、核危機の解決を――「敵との交渉は宥和ではない」●ジョゼフ・ガーソン

==============
【小特集】中国の農村を訪ねて
==============

◎アジア小農世界と中国「新農村建設」●大野和興

◎中国の経済成長と農村復興●ウェン・ティエジュン

◎大きな文脈の中にある農村再建●ラオ・キンチ

◎資本主義経済神話のほころび●ダイ・ジンファ

◎【インタビュー】シンシア・ユェンさんに聞く――「ジェームズ・イェン農村復興学院」という試み  聞き手/越田清和

◎行仁庄訪問記●川村暁雄

◎打工青年芸術団訪問記●伊藤洋子

◎中国での出会いと経験を次につなげる――アジアの人びととの協働をめざして
●都築仁美

***

◆2006年度IMF・世銀総会inシンガポールVS国際民衆フォーラムinインドネシア・バ
タム島●大倉純子/中島正明/段 家誠/瀧本昌平

◆トービン税――新自由主義グローバリゼーションに対抗する国際戦略●ブリュ
ノ・ジュタン

【書評】
村井吉敬編著『徹底検証 ニッポンのODA』●鶴田雅英
ダグラス・ラミス著『憲法は、政府に対する命令である。』●木下ちがや
移住労働者と連帯する全国ネットワーク編集・発行
『外国籍住民との共生に向けて――NGOからの政策提言』●青山薫

【シリーズ】
うちなーだより(27) 沖縄県政奪還をめざして●由井晶子
アジアのムラから見た《世界》(18) ピノイ・アコ! ピノイ・タヨ!●大橋
成子
《運動の思想》を読む[22] 戸村政博・桑原重夫著『対論・象徴と儀礼』●北
野誉

【交流】
◆スービック・レイプ裁判に支援の輪を!
◆多様な「持たざる者」たちが恵比寿・渋谷を練り歩く
◆アジア市民社会教育フォーラム
◆ARENA総会inソウル
◆教育基本法改悪案を廃案へ! 衆院強行採決をめぐり急速な闘いの高揚
プリンタ出力用画面
友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
季刊誌