トップ (メニュー)  >  戦後研究会  >  スケジュール  >  2015年7月8日:シリーズ「戦後思想と原子力」・その21
戦後研究会

「戦後思想と原子力」ということで、核兵器の問題と公害の問題を
交互に扱う流れになっています。

前回は核武装問題だったので、次回は公害問題として、「環境社会学者」だった飯島伸子の仕事について論じた、友澤悠季『「問い」としての公害』を読みます。
「公害」が「環境問題」となっていったことなどを議論したいと思います。

「一回だけ」という方も含めて、参加お待ちしております。


◆日時:2015年7月8日(水) 19時〜

◆場所:PP研会議室

◆テーマ:シリーズ「戦後思想と原子力」・その21

◆報告者:松井隆志

◆読んでくるもの:
友澤悠季『「問い」としての公害:環境社会学者・飯島伸子の思索』勁草書房
(2014年)

※核武装問題については、前回の文献を受けて、
清水幾太郎『日本よ 国家たれ』が次々回の候補になっています。
こちらもご期待ください。
プリンタ用画面

前
2016年10月19日:ヨーロッパの戦後
カテゴリートップ
スケジュール
次
2015年5月20日:シリーズ「戦後思想と原子力」・その20