トップ (メニュー)  >  オルタキャンパス「OPEN」【連続講座】1960・70年代運動/思想史
オルタキャンパス「OPEN」
【連続講座】1960・70年代運動/思想史
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
連続講座 1960・70年代運動/思想史 第4回
〈ベ平連〉その反戦交友録―吉川勇一の『非暴力直接行動への宿題』を素材に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1960〜70年代ベトナム反戦運動の時代の市民運動の渦の中心を形成した〈ベ
トナムに平和を!市民連合〉は、共労党(共産主義労働者党)といかなる関
係にあったか、白川真澄の語りを中心に検証する。
 ――「市民運動」と「新左翼」の接点を歴史化するために。

■発言者:白川真澄さん(ピープルズ・プラン研究所)
     天野恵一さん(ピープルズ・プラン研究所)
     有馬保彦さん(市民の意見30の会・東京)
     松井隆志さん(武蔵大学教員)
■日時:2017年5月12日(金)18時開場、18時30分開演
■場所:ピープルズ・プラン研究所会議室
■資料代:1,000円(PP研会員:700円)
プリンタ用画面
友達に伝える

前
OPEN「1960・70年代運動/思想史」第2回
カテゴリートップ
TOP