トップ (メニュー)  >  第1回 ドイツの敗戦――追放と引揚げ
オルタキャンパス「OPEN」
【連続講座】ドイツの戦後70年―その現実を歴史認識
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1回:ドイツの敗戦――追放と引揚げ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「本土決戦」を沖縄だけに担わせた日本とは対照的に、ドイツは国内まで戦線を後退させることを余儀なくされ、連合軍による進撃と全土制圧で敗戦を迎えた。だが、日本人が体験した「引揚げ」は、ドイツの敗戦にとってもまた、最大の悲惨体験の一つだった。加害責任を被害体験が覆い隠した事実がここにもあった。では、誰が、なぜ、どこからの「引揚げ」を体験しなければならなかったのか?――ナチス時代と戦後ドイツとを結ぶ歴史の結節点に着目し、ドイツ民衆にとっての「戦後の始まり」を再構成してみたい。

■日時:2016年5月13日(金)18時30分開場、19時〜
■場所:ピープルズ・プラン研究所会議室

プリンタ用画面
友達に伝える

前
OPEN「ドイツの戦後70年―その現実と歴史認識」(2016年〜2017年)
カテゴリートップ
TOP
次
第2回 ニュルンベルク裁判と「戦後補償」