トップ (メニュー)  >  OPEN「〈運動と思想〉――花崎皋平が花崎皋平を語る」第4回:「地域をひらく」シンポジウム/近代化とアイヌ民族
オルタキャンパス「OPEN」
【連続講座】連続講座〈運動と思想〉

花崎皋平が花崎皋平を語る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4回:「地域をひらく」シンポジウム/近代化とアイヌ民族
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■講師:花崎皋平さん

■日時:2015年1月24日(土)午後6時〜(5時30分開場)

■場所:ピープルズ・プラン研究所 http://p.tl/7RSJ

■参加費:1,000円(PP研会員700円)


伊達火力発電所や泊原発の反対運動など、さまざまな市民運動のただ中で、生きた哲学と手づくりの思想を追求してこられた花崎皋平さん。この半世紀近くの日本社会の変化を、花崎さんご自身の生から照射してお話しいただく連続講座です。第4回は、70年代の運動をくぐりぬけてまとめられた『静かな大地 松浦武四郎とアイヌ民族』(1988年)を中心において、花崎さんのお話をうかがいたいと考えています。

ぜひ多くの方にご参加いただければと思います。


連絡先 ピープルズ・プラン研究所 担当:大和田・横山
tel:03-6424-5748 fax:03-6424-5749
ppsg@jca.apc.org

プリンタ用画面
友達に伝える

前
OPEN「〈運動と思想〉――花崎皋平が花崎皋平を語る」第3回「1970年代 『生きる場の哲学』まで」
カテゴリートップ
TOP
次
OPEN「〈運動と思想〉――花崎皋平が花崎皋平を語る」第5回:「ピープルズ・プラン21世紀」(1989年)とその後―『アイデンティティと共生の哲学』、『個人/個人を超えるもの』の時代