トップ (メニュー)  >  連続講座「原発と原爆」第12回 《原爆と原発を統一的に考える運動的視座を求めて》(ゲスト講師:田中利幸/天野恵一×田浪亜央江)
【ピープルズ・プラン研究所 オルタキャンパス「OPEN」】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○連続講座○●
運動史から振り返る 原発と原爆
――被爆国日本はなぜ原発大国になったのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

連続講座「運動史から振り返る原発と原爆――被爆国日本はなぜ原発大国になったのか」は、〈2011年3月3日〉の原発震災という、破局的危機の始まりを受けて2012年1月にスタートし、2ヶ月に1回のペースで様々な切り口から第11回(2012年9月28日)まで持続してきました。

「原水爆反対」と「原子力の平和利用(=原発推進)」が両立しえた平和運動や、反原発という論理を組み込まないまま核安保体制と対決してきた反戦・反安保運動に原爆という核を問わない反原発運動、こういった歴史的負性を批判的に検証する。そんなモチーフがこの講座にしてあったはずです。

この講座の総括の回である今回は、ポジティブな問い、〈原爆と原発を統一的に考える運動はどうあるべきか〉、をたてて、広島から田中利幸さんをお迎えして、討論していきたいと思います。


■第12回 原爆と原発を統一的に考える運動的視座を求めて
日時:2014年1月25日(土)18時〜
講師:田中利幸さん(広島市立大広島平和研究所)
   天野恵一さん+田浪亜央江さん


■参加費:非会員800円、会員500円、生活困窮者500円

■会場:ピープルズ・プラン研究所
(東京メトロ有楽町線江戸川橋1-b出口より徒歩5
分、東西線早稲田駅・神楽坂駅よりそれぞれ徒歩15分)
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

■主催:ピープルズ・プラン研究所
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
TEL: 03-6424-5748
FAX: 03-6424-5749
E-mail: ppsg@jca.apc.org http://www.peoples-plan.org/jp
プリンタ用画面
友達に伝える

前
連続講座「原発と原爆」第9回 《広島・長崎から福島を考える》(ゲスト講師:川本隆史×舟越耿一)
カテゴリートップ
TOP
次
OPEN「〈運動と思想〉――花崎皋平が花崎皋平を語る」第1回「著作以前の時代」