【戦後研究会】「現代社会のゆくえ」2018年11月7日(水)

投稿日時 2018-10-13 22:05:57 | トピック: PP研からのお知らせ

PP研の皆さま

次回戦後研究会の案内です。

先日の前回戦後研では、丸山眞男と、東大全共闘を介した吉本隆明との対立関係についての報告があり、関連文献については、今後も随時紹介があるとのことでした。
このテーマで読み継いでも個人的には良かったのですが、とりあえず次回はテーマを変えて、世間でも評判の新書を読むことになりました。
興味ある方の参加をお待ちしております。


■次回戦後研究会
日時:2018年11月7日(水) 19時〜
場所:PP研会議室
テーマ:現代社会のゆくえ
報告者:松井隆志
読んでくるもの:
見田宗介『現代社会はどこに向かうか:高原の見晴らしを切り開くこと』岩波新書(2018年)
*同著者の関連する文献は他にもありますが、岩波新書に限定すると『現代社会の理論』『社会学入門』と続く三冊目という位置づけになると思いますので、余裕のある方は、これらについても目を通されると良いかと思います。




ピープルズ・プラン研究所にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.peoples-plan.org/jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.peoples-plan.org/jp/article.php?storyid=585