2019-5-28 10:41:20

第18回脱成長ミーティング

◇日時 6月16日(日) 14:00(13:30開場)〜17:00
◇会場 ピープルズ・プラン研究所(地下鉄「江戸川橋」下車10分)
◇報告 森千香子さん(一橋大学)
プロフィール/一橋大学大学院社会学研究科準教授。専門は国際社会学、都市社会学、レイシズム研究。フランスや米国の移民の人たちの現状を詳しく調 査・研究。『排除と抵抗の郊外:フランス〈移民〉集住地域の形成と変容』(2016年)で大仏次郎賞受賞、「『分断のナラティブ』を超えて」(『世界』18年12月号)、「『働きに行きたい国』めざせ」(日経新聞17年3月29日)など多くの論文がある。
◇参加費 500円

ピープルズ・プラン研究所
【住所】 〒112-0014 東京都文京区関口1-44-3信生堂ビル2F
【電話&Fax】Tel:03-6424-5748 Fax:03-6424-5749
【最寄駅から】
◎地下鉄有楽町線「江戸川橋駅」1-b出口徒歩5分
◎地下鉄東西線「早稲田駅」1番出口徒歩15分
◎地下鉄東西線「神楽坂駅」2番出口徒歩15分

[江戸川橋駅(有楽町線)からの行き方]
江戸川橋駅1-b出口を出て、左手にドトールコーヒー、ファミリーマートなどを順に見ながら大通り(新目白通り)を5分ほど歩くと、「一休橋入り口」という交差点があります。角に中華料理店があり、その手前を左に曲がって、道路の左側にある3つ目のビルです。1階は道場、2階がピープルズ・プラン研究所です。
 ※江戸川橋駅は、改札から1-bの出口まで地下道で3分かかります。

投稿者:事務局

2019-5-24 7:37:19

◇戦後研究会
◇日時:2019年6月12日(水) 19時〜
◇場所:PP研会議室
◇テーマ:自伝・伝記で読む戦後その1
◇報告者:東洋志さん
◇読んでくるもの:
折原浩『東大闘争総括:戦後責任・ヴェーバー研究・現場実践』未来社(2019年)
以上どうぞよろしくお願いします。

投稿者:事務局

2019-5-24 7:34:53

◇日時:2019年6月5日(水)19時〜(開場18:30)
◇テーマ:〈平成代替りを問う〉連続講座 緊急番外集会 外国(オーストラリア)から見た〈天皇代替リ〉――「神の国」の無責任を問う
◇発題者:問題提起:田中利幸(戦争犯罪史研究)
◇コメント :天野恵一(反天皇制運動連絡会)
◇司会・コメント:松井隆志(PP研編集委員)
◇場所:PP研会議室

今回は『検証「戦後民主主義」―わたしたちはなぜ戦後責任問題を解決できないのか』(三一書房)をまとめて来日するオーストラリア在住の歴史学者・田中利幸さんを迎えて、討論する。緊急につくりだされたまったく「番外」の集まりである。天皇制の戦後責任をめぐる問題を、外からの視点を踏まえて、さらにアメリカの責任という問題をつつみこんで、徹底的に論議したい。

投稿者:事務局

2019-5-14 9:26:21

◇日時:2019年5月19日14時〜17時(開場13時半)
◇テーマ:「リベラル」を問いなおす
◇発題者:大井赤亥
◇場所:PP研会議室

大井さんが『ハロラド・ラスキの政治学』(東大出版会)を3月末に出版します。これに関連して、リベラリズムの再審について討議します。

投稿者:事務局

2019-5-12 17:11:27

〈「平成」代替りを問う〉連続講座 第2期 第2回
〈言論の自由〉とは何か? ― 天皇制賛美と天皇(制)タブー
《反昭和X デー闘争の〈経験〉を通して「平成」代替りを考える Part3》
■問題提起 森 正孝(映画「侵略」上映委・「静岡天皇制集会訴訟」体験者)
中川信明(アキヒト退位・ナルヒト即位問題を考える練馬の会・
日本基督教団 天皇代替りに関する情報センターで活動)
天野恵一(反天皇制運動連絡会)
(司会)松井隆志(PP 研編集委員)
■場所 :ピープルズ・プラン研究所会議室(裏面参照)
■2019 年6 月1 日(土)17時〜(開場16 時30 分)
■参加費:800 円
■主催・連絡先:ピープルズ・プラン研究所(連絡先は裏面参照)
「昭和代替り」状況の1988年九月に静岡県在住の人たちの天皇制批判の集会が、会館側の右翼の脅迫におびえた対応で貸与拒否。これに関して長い裁判闘争が、全国的な支援と呼びかけて持続され、ついに公の施設が「正統な理由なく利用を拒んだのは違法」「集会の目的、内容などによって使用を許すかどうかを政策的に判断することは許されない」という憲法の「思想・表現の自由」の原則を踏まえた、画期的な判決が出された。
これは画一的天皇賛美(「聖断で終戦」=「平和をもたらした国民の恩人ヒロヒト」というデマゴギッシュな政治神話中心に置かれた)それ一色のマスコミがつくりだす、天皇制の戦争責任を正面から批判することもタブーとした状況に、下から運動的に風穴をあける闘いとその成果であった。下からの闘いといえば、「天皇に戦争責任はあると思う」という長崎本島市長のごくあたりまえの議会発言に、右翼に狙撃され重傷というショッキングな事態(1990年1月8日)が起こる。追悼と賛美の画一的強制にウンザリし、抵抗を開始していた、全国の反天皇制運動グループが、自然発生的に、各地から反撃行動を、天皇制の侵略戦争責任を問いつつ、開始。その運動のうねりは、長崎を軸に全国的に連絡しあうかたちで広がっていった。それは戦後、はじめて民衆自身が下から天皇制の侵略戦争責任を鋭く問い続けるという、貴重な歴史的体験の時でもあった。
今回は《反昭和X デー闘争の〈経験〉を通して、「平成」代替りを考える――Part 3》として、この静岡の裁判と長崎市長狙撃への反撃という二つの闘いの〈経験〉を軸に「昭和X デー闘争経験」をふりかえり、今のアキヒト・平和(護憲)天皇賛美、それとセットのタブーの状況下の運動について討論していきたい。
政治ショーと化した「天皇元号」フィーバーの現状にウンザリし、不安と怒りを感ずる人々の積極的参加を。

投稿者:事務局

2019-5-12 17:09:14

[連続講座]
安倍改憲と憲法9条̶̶「憲法9条とは何か」を問いながら
   ◆第5回◆
  安倍・トランプ政権下の自衛隊と日米安保
  ̶̶ アメリカ軍事戦略の一部化する自衛隊
 [報 告]   島川雅史 さん(大学非常勤講師、日米安保史、政治史)   
  
日 時:2019 年6月22 日(土) 13:30 開場
場 所:ピープルズプラン研究所
     東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
    *地下鉄有楽町線・江戸川橋駅(1b 出口)より徒歩5分
資料代:500 円
◉この講座は今後、隔月のペースで行う予定です。
◉今後のテーマとして、「国家の自衛権と非武装の思想」「今ある自衛隊をどうするか」などを考えています。ただし、参加者との議論のなかでテーマも適宜変更していきます。
安倍政権は、昨年、防衛大綱を改定しました(13 年以来の2度目。同一首相が2度改定するのは初めて)。また防衛予算も5年連続して過去最大を更新しています。自衛隊の南西諸島への展開、護衛艦「いずも」の空母化、戦闘機搭載の巡行ミサイルの導入など先制攻撃体制が構築されつつあります。それは、トランプ政権のもとでのアメリカの軍事戦略とどう関係しているのか? 日米安保体制はどこへ向かおうとしているのか? 安倍が憲法に明記し、位置付けるという「自衛隊」とは、実際に何を目的とするどういう軍隊(戦力)となろうとしているのか?
日米安保体制の歴史に詳しい島川雅史さんをお呼びして、じっくりとお話しをうかがいたいと思います。
主催:ピープルズプラン研究所
    (Tel:03-6424-5748 Fax:03-6424-5749 ppsg@jca.apc.org)
協力:反安保実行委員会

投稿者:事務局

2019-4-4 15:07:28

■次回戦後研究会
日時:2019年4月17日(水) 19時〜
場所:PP研会議室
テーマ:戦後思想
報告者:松井隆志
読んでくるもの:
黒川創『鶴見俊輔伝』新潮社(2018年)

投稿者:事務局

2019-4-4 15:05:55

『社会運動史研究』(新曜社)刊行開始記念・合評会:運動史とは何か?

・日時 2019年4月26日(金) 17時30分開始(17時開場)〜20時
・場所 ピープルズ・プラン研究所
 http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5
・参加費 500円
・主催 戦後研究会(ピープルズ・プラン研究所内)
   +『社会運動史研究1』編者一同

■問題提起:
加藤一夫さん
天野恵一さん

*加藤一夫:1941年生まれ。大学闘争に参加。1970年代に『社会運動史』に関係。国立国会図書館勤務の後、大学教員(政治学・東欧史)。『世界から』・『クライシス』元編集委員。著作に『記憶装置の解体』(エスエル出版会)・『東欧 革命の社会学』(作品社)・『ビキニ・やいづ・フクシマ』(社会評論社)など。
*天野恵一:1948年生まれ。全共闘運動以降、運動を継続しながら、『情況』・『インパクション』・『批評精神』・『運動〈経験〉』等の編集に関与。著作に『全共闘経験の現在』・『「無党派」という党派性』・『無党派運動の思想』(インパクト出版会)・『沖縄経験』(社会評論社)など。

■応答(『社会運動史1』編者):
大野光明
小杉亮子
松井隆志(司会兼)

 運動史は、何のために、誰に向けて、何を対象として、いかなる手法で、どのような形で、……紡がれるべきなのか。
 今年2月、『社会運動史1 運動史とは何か』(新曜社)が刊行された。これは、運動史を考えるための新しいメディアである。
 このたび、発刊を記念して、加藤一夫さんと天野恵一さんをコメンテーターとして迎え、『社会運動史研究1』の合評会を行う。お二人は、これまでの数十年、具体的な運動を担いつつ、運動史にも関わり続けて来た。同書へのコメントと、それを踏まえた「運動史とは何か?」について、問題提起してもらう。
 運動史をどのように考えるべきか、議論を深めたい。

投稿者:事務局

2018-9-7 23:36:32

次回戦後研の案内です。

過日予告した通り、7月の文献の「続き」として、丸山眞男関連の文献を読みます。
興味ある方の参加をお待ちしております。


■次回戦後研究会
日時:2018年10月10日(水) 19時〜
場所:PP研会議室
テーマ:戦後と丸山眞男
報告者:天野恵一さん
読んでくるもの:
梅本克己+佐藤昇+丸山眞男『戦後日本の革新思想』(現代の理論社・1983年)
*『現代日本の革新思想』(河出書房または岩波現代文庫(上・下))も鼎談部分は同じです(現代の理論社版の方が丸山・佐藤対談など増補分が多いと思われる)。
入手しやすいものでお読みください(報告者は現代の理論社版で報告すると思われます)。

また参考文献として、以下の本も挙げておきます(報告者が言及予定とのこと)。
丸山眞男『自己内対話』(みすず書房・1998年)

以上どうぞよろしくお願いします。

投稿者:事務局

2018-7-28 20:59:34

次回戦後研の案内です。
「戦後」テーマとの関連で、次回は沖縄の「戦後」についての本を扱います。
また、次々回も、昨日の本の延長で、丸山眞男について読むことにしました。
興味ある方の参加をお待ちしております。


■次回戦後研究会

日時:2018年9月5日(水) 19時〜  *8月はありません。
場所:PP研会議室
テーマ:戦争と戦後・その3
読んでくるもの:
古関彰一+豊下楢彦『沖縄 憲法なき戦後:講和条約三条と日本の安全保障』みすず書房(2018年)
報告者:橋本彰さん


次々回候補:
丸山眞男+佐藤昇+梅本克己
『現代日本の革新思想』(河出書房新社または岩波現代文庫上下)
『戦後日本の革新思想』(現代の理論社)
*基本的に同じ本です。以前も戦後研で取り上げたことがあります。

投稿者:事務局

(1) 2 3 4 ... 12 »
カテゴリー検索
新着ニュース