2018-5-24 21:51:16

しばらく間が空いてしまいましたが、5月26日(土)に、21世紀研究会が開かれます。
ピープルズ・プラン最新号(79号)の特集で論じられた問題について討論を行います。
どうぞ活発な議論ができるよう、奮ってご参加ください。
またこの問題に関心を持つ方にも呼び掛けて頂ければ幸いです。
いよいよ今週末の土曜日です。

5月24日追記:報告者の土谷岳史さんの名前が当初記載漏れがあったことを深くお詫び申し上げます。

「トランプ登場以来、グローバル化をめぐる議論は混乱を示し、時代は決まりきった「正解」のない時代に突入している。『ピープルズ・プラン』第79号では、クラウチ、ロドリック、シュトレーク、ブラウン、グレーバーなど欧米の批判的知性による著作を取りあげ、混迷する世界を捉える手がかりを提供した。今回の21世紀研究会では、それら『ピープルズ・プラン』第79号での議論を材料にしながら、執筆者の方々にそれぞれの視点から論点を提供していただき、錯綜する世界の見取り図とオルタナティヴへの萌芽をともに模索する機会にしたい。」

======================
日時: 5月26日(土)15時〜
場所: ピープルズ・プラン研究所会議室
テーマ: グローバル化に対するオルタナティブ
テキスト: ピープルズ・プラン79号
報告者: 土谷岳史さん、大井赤亥さん、金子文夫さん、平井玄さん
======================

投稿者:事務局

2018-5-24 21:46:10

〈連続講座〉 安倍改憲と憲法9条—「憲法9条とは何か」を問いながら
主催:ピープルズ・プラン研究所 協力:反安保実行委員会

第0回 イントロダクション—検証:憲法9条をめぐる最新論議
◎日時:2018年6月23日(土) 13時半〜
◎報告者:
天野恵一(反安保実⁄PP研): 松竹伸幸「改憲劇護憲論」の意味するもの
有馬保彦(市民の意見30の会⁄・東京⁄反安保実): 「新9条論をめぐる論議について
白川真澄(PP研): 山尾志桜里(立憲民主党)の「改憲案」を検証する
◎場所:ピープルズ・プラン研究所
◎資料代:500円

投稿者:事務局

2018-5-20 21:55:35

みなさま

大変お待たせいたしました。
季刊『ピープルズ・プラン』80号発刊のお知らせです。

5月25日追記:80号の詳細(特集:再考「1968」)をアップロードいたしました!

http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd0/index.php?id=86

5月25日追記:なおPP80号に幾つかの誤植がありました。訂正し、お詫び申し上げます。とりわけ、友澤悠季氏の論文の表題を表紙で誤字したことについては
深くお詫び申し上げます。

---------------------------------------------------------------
【正誤表】
表紙 (誤)公害問題を問うた前衛と科学 (正)公害が問うた前衛と科学

69頁上段3行目− (誤)56年のことですよ (正)57年のことですよ

96頁下段8行目(誤)サラ―リーマンがいなくなる (正)サラリーマンがいなくなる

125頁下段1行目(誤)造反有利 (正)造反有理

145頁下段広告(第1巻)(誤)講師:天野恵一 (正)講師:伊藤晃・天野恵一

145頁下段広告(第3巻)(誤)発題:池田五律、北野誉、岡倉健治、天野恵一 →(正)発題:池田五律、北野誉、国富建治、天野恵一

----------------------------------------------------------------------

ピープルズ・プラン研究所事務局

投稿者:事務局

2018-5-3 20:31:08

次回の戦後研の案内です。
末尾に載せた同じ著者の「自伝」については、昔の戦後研でも扱いました。
興味ある方のご参加をお待ちしております。


■次回戦後研究会

日時:2018年6月6日(水) 19時〜
場所:PP研会議室
テーマ:戦争と戦後
報告者:天野恵一さん
読んでくるもの:
海老坂武『戦争文化と愛国心:非戦を考える』みすず書房・2018年

(参考)海老坂武のこれまでの自伝
『記憶よ、語れ』筑摩書房・1995年
『〈戦後〉が若かった頃』岩波書店・2002年
『かくも激しき希望の歳月:1966〜1972』岩波書店・2004年
『祖国より一人の友を』岩波書店・2007年

以上です。

投稿者:事務局

2018-4-24 21:53:50

皆さま

〈「平成」代替わりの政治を問う〉連続講座の第5回を以下の要領で実施いたします。
是非、奮ってご参加下さい。

****************************

●〈「平成」代替わりの政治を問う〉連続講座第5回●
〈新たな「人間宣言」〉ってなんだ? ――ソモソモ天皇って、人間なの、神なの

■問題提起 :
・鵜飼哲さん(フランス現代思想)
・天野恵一さん(反天皇制運動連絡会)
・米沢薫(PP研事務局)
(司会)松井隆志(PP研編集委員)

■日時:2018年5月20日(日)14時〜(13時30分開場)
■場所:ピープルズ・プラン研究所会議室
■参加費:800円
■主催・連絡先:ピープルズ・プラン研究所

2016年8月8日の天皇の「生前退位」希望のビデオ・メッセージについて、マスコミには、それは新たな「人間宣言」だとし、天皇の「人間」としての希望をかなえるのは、あたりまえという主張が飛び交った。このムード的論理に私たちはのみ込まれてしまうわけにはいくまい。
 敗戦直後の1946年元旦の「新日本建設に関する詔書」を、マスコミは「人間宣言」とネーミングした。大日本帝国憲法下の「絶対神聖」な「現人神」天皇は、戦後の〈象徴〉天皇に変わるために、「人間宣言」したのだと、政府もマスコミも説明してきた。
 じゃあ何故、「象徴=人間」天皇の二代目は、あらためて「人間宣言」などしなければならないのか。〈象徴〉も、本当は〈人間〉ではなかったのではないか? いや、戦前(中)だって天皇は時間がたてば死んでしまう、生物学的には、一人の人間であるにすぎないことは、誰でも知っていたはずである。
 だとすれば、「現人神」天皇を「人間」天皇の関係は、人々にとって、どう認識され、今日にいたっているのであろうか。
 かつてわだつみ会の平井啓之は、「絶対的な神」として天皇を観ようとすれば、そう観え、「人間」として観ようとすればそう観える「自己欺瞞」の意識が、明治近代国家の支配階級の手によって人為的に庶民全体の中に育成されてきたことの問題を鋭く抉り出してみせた。
 この「自己欺瞞」の意識は、現在もより強固に生き続けていることは、まちがいあるまい。
 この支配者の政治的トリックを支える〈意識〉に批判のメスを入れる事は、現在も急務である。
 〈天皇教〉の神は、キリスト教あるいはイスラムの神とどう違うのか。
 こうした問題を、今回はできるだけ詰めて論議したい。


投稿者:事務局

2018-4-17 21:07:40

次回の戦後研の案内です。
「日本の近代」を考える流れで続いていますが、確定したものではありません。
その次以降に読みたい文献など、持ち寄っていただければありがたいです。
興味ある方の参加をお待ちしております。


■次回戦後研究会
日時:2018年5月2日(水) 19時〜
場所:PP研会議室
テーマ:日本の近代・その3
報告者:加藤和成さん
読んでくるもの:
吉田裕『日本軍兵士:アジア・太平洋戦争の現実』(中公新書)・2017年

投稿者:事務局

2018-3-26 21:34:57

戦後研究会の案内です。

■次回戦後研究会

日時:2018年4月11日(水) 19時〜
場所:PP研会議室
テーマ:日本の近代・その2
報告者:松井隆志
読んでくるもの:
筒井清忠『戦前日本のポピュリズム:日米戦争への道』中公新書(2018年)

投稿者:事務局

2018-3-10 20:43:42

〈脱成長ミーティング〉を以下の要領で開催いたします。ふるってご参加ください。

◎日時:2018年4月21日(土)17時30分〜21時
◎テーマ:ベーシック・インカムの意義と実現可能性を探る
◎問題提起:堅田香緒里さん(法政大学社会学部准教授。専門はベーシック・インカム、フェミニズム、社会保障)
◎参加費:500円
◎場所:ピープルズ・プラン研究所

投稿者:事務局

2018-2-16 21:37:34

みなさま

〈「平成」代替りの政治を問う〉連続講座の第4回を以下の要領で実施します。
奮ってご参加ください。

〈「平成」代替りの政治を問う〉連続講座 第4回 
明治150年式典・キャンペーンと「生前退位」——近代天皇制国家を問う

■問題提起 : 太田昌国さん(民族問題研究)
伊藤晃さん(近代史研究)
  天野恵一さん(反天皇制運動連絡会)
  (司会)松井隆志(PP研編集委員)
■日時:2018年3月25日(日) 14時〜(13時30分開場)
■場所:ピープルズ・プラン研究所会議室
■参加費:800円
■主催・連絡先:ピープルズ・プラン研究所

2019年4月30日に天皇「生前退位」、5月1日に新天皇「即位」(新元号スタート)という政治スケジュールを確定した安倍晋三政権、彼らが決定的に静かな環境で実現しなければならないこの期間が始まる前に、平和憲法「改正」の国民投票に持ちこむ。こうした意欲をこの政権は示している。そして、2020年は「日の丸・君が代」・「ガンバレ日本!」の東京オリンピックが準備されている。この流れの中で、今年(2018年)は、「明治150年」キャンペーン・式典(全国各地の関連施策)が大々的(全国的)に準備されだしている。
 アジアのトップで「近代化」(国づくり)に成功した日本のまるごと賛美、「強い日本」の〈自己陶〉史観をベースにしたイベントである。この、安倍政権の一連のナショナリズム漬け政策全体を視野に入れながら、今回は、「明治150年」イベントの政治を正面から批判的に問いなおしたい。
 半世紀前の〈1968年〉に、自民党政権(首相は佐藤栄作)は大がかりな「明治100年記念式典(及び各地での関連施策)を実行した。1966年の「建国記念日」の名の「紀元節」の復活をステップとし、1970年日米安保条約の政治焦点化という伏線をにらんでの「明治百年」式典には、先行的に政府に批判的な民間の知識人がグループによる別の視覚からの「明治百年」の再検討の作業や、主にマルクス主義史学による、戦後民主主義の固有の意味(植民地支配と侵略戦争への反省)を対置する「皇国史観」と「近代化」論(アメリカ産のロストウ(帝国主義)史観)がないまぜになった政府やその御用知識人らへのイデオロギーへの、ストレートな批判の声が大きく組織された。それは1940年の天皇制ファシズム体制下の、東京オリンピックの返上と国をあげての「皇紀2600年」大イベントによる戦争翼賛(総動員)体制づくりの歴史的記憶を想起させるものであったのだから、あたりまえである。
 そう考えてみれば、今この「平成代替わり」政治の渦中での「『明治150年』イベントの批判の声はあまりにも小さすぎないか?
 「明治百年」イベントの時代に何があったのかの具体的再検討の作業をも含め、「明治150年」イベントを私たちは、どう迎え撃つのかを討論したい。私たちは「近代天皇制国家」150年とどう向き合うのか。

投稿者:事務局

2017-12-12 20:53:00

みなさま

〈「平成」代替りの政治を問う〉連続講座の第3回を以下の要領で実施します。
奮ってご参加ください。

第3回 反「昭和」Xデー闘争の〈経験〉を通して、「平成」代替わりを考える
■問題提起 : 国富健治さん(反「改憲」運動通信)
      池田五律さん(戦争をしない、させない!練馬アクション)
      北野誉さん(反天皇制運動連絡会)
      天野恵一さん (司会・PP研運営委員)
■日時:2018年1月14日(日) 14時〜(13時30分開場)
■場所:ピープルズ・プラン研究所会議室
■参加費:800円
■主催・連絡先:ピープルズ・プラン研究所

 「不意打ち」という衝撃。それは天皇裕仁Xデー闘争。そのが長い長い「代替わり政治」のプロセスで、反天皇制運動を体験した人間ほど、そう感じだと思う。そもそも「Xデー」とは天皇の死ぬ日を予測して、マスコミがそれまでに大量の天皇制賛美のための予定記事を準備していく過程で、ネーミングした「その日(Xデー)」であった。
 ところがNHKスクープ、ビデオ・メッセージ、「特例法」づくりと進展した今回の流れを支配したのは、「生前退位」を希望する生きているアキヒト天皇の強い政治意思である。今回の代替わりは必然的に、長く大々的な病状報道も「記帳」騒ぎも、強い人々の反発をうみだしたメチャクチャな「自粛」騒動も、当然にもない。 高齢な天皇の意思への共感をあれこれ組織する<アキヒト・ミチコ>賛美報道は、マスコミに溢れている。それは強権的国家主義者の安倍首相をやんわりと批判しているソフトな「平和主義者」のイメージがぬりたくられたものである。戦争の時代の天皇(制)を正当化しなければならなかった「昭和天皇」のような無理や自己矛盾は、表面的には存在しないかのごとく、マスコミの中で「平成」の天皇はふるまいつづけている。もちろん天皇翼賛国会をつくりだし、まったく論議ナシ、反対ナシの法改正をなしとげた安倍政権と天皇は君主の「行為」(政治機能)拡大を確認しつつの「生前退位」という線で、足並みをそろえており、全マスメ・メディアは、天皇(一家)の「人柄」大賛美(あらゆる政治的批判のタブー化)、という線で挙国一致の団結ぶりを示している。
 まったく違った状況で始まった「天皇代替わり」の政治に、「立憲主義」(主憲在民デモクラシー)を天皇自身が公然と破壊するという政治で始まったそれに、いま各地の反天皇制運動は、一瞬のとまどいののち、「昭和」とまったく違った「平成」の代替わりの政治の政治に抗する運動をつくりだし始めている。
 「違い」を強調してきたが、当然にも「昭和」と「平和」に共通している問題も、まちがいなく大きく存在し続けている。「昭和Xデー」闘争の体験がこの新しい状況で、どう生かせるのか。いかせないのか。今回は、「昭和Xデー」闘争の大きな渦をつくった東京の「天皇制賛美はゴメンだ!『即位の礼・大嘗祭』に反対する共同行動」を担った4人が、この「平成代替わり」の渦中で、「昭和Xデー」闘争の体験をあらためて討論し、総括する集まりである。
 「昭和」の闘いを体験した人たちは、もちろん当時生まれていなかった世代の人たちも広くこの論議の渦に入ってきてください。


投稿者:事務局

(1) 2 3 4 ... 14 »
カテゴリー検索
新着ニュース