2016-8-21 0:58:00

〈お詫びと訂正〉

 季刊ピープルズ・プラン73号に「シンポジウム報告 武藤一羊『戦後レジームと憲法平和主義』刊行記念」のタイトルで、加納実紀代さん、大井赤亥さん、李泳采さんの報告が掲載されています。それに続いて、新城郁夫さんの論文が掲載されています。この掲載に当たり、シンポジウムに関する以下の説明文が抜け落ちていました。会員・読者のみなさまには、季刊誌に同封しました「Newsletter」53号でシンポジウムの簡単な報告をいたしましたが、季刊誌本体で肝心の説明が抜け落ちてしまったことについて、読者、執筆者、関係者のみなさまに対して深くお詫びするとともに、訂正いたします。編集部

 六月一一日に、武藤一羊『戦後レジームと憲法平和主義』の刊行を記念するシンポジウムが、成蹊大学アジア太平洋研究センターとピープルズ・プラン研究所の共催で、成蹊大学で行われました。シンポジウムには一四〇名の方が参加されました。最初に、加納実紀代さん、大井赤亥さん、新城郁夫さん、李泳采さんの四人が報告し、これに武藤一羊さんが応答し、さらに四人の報告者のコメント、花崎皐平さん、天野恵一さんの発言が行われました。本号では、紙数の制約上シンポジウムの全容を載せることはできませんが、加納さん、大井さん、李さんの報告を載せると同時に、新城さんには当日の報告をもとにして新たに書き下ろしていただきました。編集部

投稿者:事務局

2016-8-16 16:04:19

**********************************************
福島原発事故緊急会議・連続シンポジウム第11回

 ◆地震と原発、そして改憲(国家緊急権)◆

**********************************************

http://2011shinsai.net/node/6560
http://urx.blue/xHK9

■とき:2016年9月17日(土)17:45開場、18:00開始

■ところ:千駄ヶ谷区民会館 1F会議室

JR原宿駅 徒歩10分、千代田線・副都心線明治神宮前駅 徒歩8分
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_sendagaya.html

■資料代 500円

■発言

◎山崎久隆さん(たんぽぽ舎)
 「地震と原発」問題ABC

◎天野恵一(福島原発事故緊急会議) 
  地震と改憲を問う――「国家緊急権」問題


 2016年4月14日に始まった大地震は、空前の「余震」を、別府・島原地溝帯沿いにいつ終わるともなく頻発させ続けている。九州全体が揺らぎ続けているのだ。
 安倍政権・原子力規制委・電力会社は再稼働させてしまった「九州電力川内原発(1・2号機)」を止めるという、あたりまえの行動もせず、その中央構造線が届いている「四国電力伊方原発」(3号機)を再稼働させようとしている。
 あげくに、運転開始から40年以上が経過している、危険きわまりない老朽原発「関西電力高浜原発」(1・2号機)の20年間の運転延長を許可した。終息の見通しなどたたない福島原発(放射能垂れ流し)事故の上に、空前の熊本(九州)地震が持続している、この状況下で、である。 
 その上に、安倍政権は地震災害の拡大を口実に、戦後の平和憲法から排除されている「国家緊急権」を憲法に導入するという「改憲」に着手しようとしている。それは軍事国家のための政策であるにすぎない。
 私たちは、自分たちの命を国家や資本にあずけるわけにはいかない。この状況をどうつかまえどのような抗議の声をあげ、広げていくのか。ともに考える論議に参加を!

【主催】福島原発事故緊急会議
112-0014 文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
     ピープルズ・プラン研究所内
連絡・問い合わせ先:090-1705-1297(国富)

投稿者:事務局

2016-8-11 17:54:58

みなさま

大変お待たせいたしました。
『季刊ピープルズ・プラン』73号発刊のお知らせです。

73号の詳細は以下のURLよりご確認ください。
http://www.peoples-plan.org/jp//modules/tinyd0/index.php?id=78

ピープルズ・プラン研究所事務局

投稿者:事務局

2016-4-11 17:01:00

みなさま

5月13日(金)より新たにスタートする「連続講座」のご案内を差し上げます。

昨年から今年3月まで、PP研では「敗戦70年――原発震災後から4年」
をテーマの連続講座を開講してきました。そこでは、さまざまな切り口から、
〈戦後〉と〈災後〉を重ねて考えることで、何が視えてくるかを〈思想/運動〉
的に検証してきました。

その講座の成果を踏まえ、今年は、池田浩士さん(ドイツ文学研究)を
問題提起者とする連続講座「ドイツの戦後70年――その現実と歴史認識」
を企画しました。それは、池田さんのナチズム後のドイツ70年の歴史分析
と問題提起をベースに、天皇制ファシズム後70年の日本の歴史と類比して
考えてみようとする試みです。

ぜひふるってご参加ください。

講座全体の日程およびテーマについては、以下のURLにアクセスしてください。
http://www.peoples-plan.org/jp//modules/open/index.php?content_id=31

投稿者:事務局

2016-4-11 16:21:00

オルタキャンパスOPEN
ピープルズ・プラン研究所

安倍政権下の〈敗戦70年・震災後5年〉を考える
「戦後レジーム」の超え方

■問題提起:武藤一羊さん
      (最新刊『戦後レジームと憲法平和主義―〈帝国継承〉の柱に斧を』れんが書房新社)
    :天野恵一さん
      (最新刊『災後論―核(原爆・原発)責任論へ』インパクト出版会)
    :松井隆志さん
      (本誌「敗戦後論」再考連載中、PP67号〜)
■日程:2016年4月30日(土) 午後6時30分〜(午後6時00分開場)    
■場所:ピープルズ・プラン研究所

 昨年から今年3月まで、私たちは「敗戦70年――原発震災後から4年テーマの連続講座を持続した。そこでは、さまざまな切り口(課題)から、〈戦後〉と〈災後〉を重ねて考えることで、何が視えてくるかを〈思想/運動〉的に検証してみる作業であった。
 今年は、池田浩士さんを問題提起者とする連続講座「ドイツの戦後70年――その現実と歴史認識」をいま準備中だ。もちろん、それは昨年の講座の成果をふまえ、池田さんのナチズム後のドイツ70年の歴史分析と提起をベースに天皇制ファシズム後70年の日本の歴史を歴史的に類比して考えてみようという試みである。
 その準備のプロセスで私たちは次の講座に向けて、昨年の講座を総括的に考えてみる集まりを持つことを思いたった。安倍首相の「戦後レジーム」解体政治に対決するために。もちろん、それのガードを主張するのではなくて、私たちは安倍政権とは、まったく違った方向へ、どのように戦後国家体制を超えていくのかを共に考えるために。

※連続講座「ドイツの戦後70年―その現実と歴史認識」(池田浩士)に向けて

投稿者:事務局

2016-3-4 14:33:00

みなさま

連続講座〈再検証!敗戦70年―原発震災から4 年〉の第8回(最終回)を以下の要領で開講いたします。第8回は、講師に千田有紀さんと青山薫さんをお招きし、「近代家族の歴史を超えて」をテーマに議論したいと思います。

ぜひお誘いあわせの上、お越しいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

オルタキャンパス「OPEN」
【連続講座】★再検証★―敗戦70年/原発震災から4年
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第8回(最終回):近代家族の歴史を超えて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 明治以降の近代化の過程で国民国家によって作られてきた近代家族は、1990年代以降のグローバル化の波の中でどのように変化してきているのか。家族から個人へと管理の単位が移行しているようにみえるなか、本当に家族は自由になったのだろうか。新しい「家族」の形として同性婚が称揚されるようになった理由は、どこにあるのだろうか。新しい「家族」は、排除と差別の解消をもたらすのだろうか。
 近代家族を社会理論的かつ歴史的に読み解いてきた千田有紀と、グローバル化社会におけるジェンダー/セクシュアリティの変化について追究してきた青山薫が、各々の家族実践の経験も(もしかしたら)交えつつ、フェミニズム兼社会学の視座から議論します。お楽しみに!

■問題提起:千田有紀さん(武蔵大学社会学部教授)
      :青山薫さん(神戸大学国際文化学研究科教授)
■日時:2016年3月20日(日)18時開場、18時半〜21時
■場所:ピープルズ・プラン研究所会議室(裏面をご覧ください)
■参加費:1,000円(PP研会員:700円)
■主催:ピープルズ・プラン研究所

講座の詳細については、以下のURLよりアクセスしてください。
http://www.peoples-plan.org/jp//modules/open/index.php?content_id=30

※なお、これまで7回にわたって開講してきた本連続講座は、今回(第8回)をもちまして終了とさせていだきます。

投稿者:事務局

2016-2-17 20:36:00

みなさま

連続講座〈再検証!敗戦70年―原発震災から4 年〉の第7回が、いよいよ今週末に迫ってまいりました。第7回は、講師に太田昌国さんと武藤一羊さんをお招きし、「日米(同盟)関係の70年」をテーマとした講座を開講いたします。

ぜひお誘いあわせの上、お越しいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

■問題提起:太田昌国さん・武藤一羊さん
■日時:2016年2月20日(土)18時開場、18時半〜21時
■場所:ピープルズ・プラン研究所会議室(裏面をご覧ください)
■参加費:1,000円(PP研会員:700円)
■主催:ピープルズ・プラン研究所

講座の詳細については、以下のURLよりアクセスしてください。
http://www.peoples-plan.org/jp//modules/open/index.php?content_id=29

投稿者:事務局

2015-12-24 17:16:25

みなさま

平素は大変お世話になっております。
師走のせわしい折、いかがお過ごしでしょうか。

さて、誠に勝手ながら、PP研では2015年12月30日(水)より2016年1月5日(火)まで、年末年始休業とさせていただきます。期間中みなさまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

〈年末年始休業期間〉
2015年12月30日(水)〜2016年1月5日(火)

来年も、本年同様変わらぬご高配いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

2015年12月24日(木) PP研事務局

投稿者:事務局

2015-8-25 2:19:00

みなさま

ご案内が遅くなりましたが、9月27(日)にシンポジウム「安倍政権をどうやって倒すか――なぜまだ倒せていないのか」を開催いたします!
詳細につきましては、以下のURLよりアクセスしてください。
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd3/index.php?id=30

※また、シンポジウムに先立って会員総会もたんぽぽ舎の5階会議室にて11時より実施いたいします。

みなさまのご参加お待ちしております!

PP研事務局

投稿者:事務局

2015-4-13 19:46:00

新連続講座のご案内です。
みなさま、ぜひお越しください!!

詳細につきましては、下記URLをクリックしてください。
http://www.peoples-plan.org/jp//modules/open/index.php?content_id=22

投稿者:事務局

(1) 2 3 4 ... 13 »
カテゴリー検索
新着ニュース