2008/9/2 17:29:00
季刊誌 : 『季刊ピープルズ・プラン』43号<特集:大学「改革」の悲惨な現実>発行です!

『季刊ピープルズ・プラン』43号(2008年8月発行)
<特集>大学「改革」の悲惨な現実

定価1300円+税、A5版184ページ
発行・ピープルズ・プラン研究所、発売・現代企画室

≪申し込み≫
お名前、送付先、冊数を以下までお知らせください。
tel:03-6424-5748 fax:03-6424-5749
E-mail:ppsg■jca.apc.org(■を@に変えてください)
書店取り寄せもOKです。

目次は「続き…」をクリック!

【目次】
<特集>大学「改革」の悲惨な現実

○競争と市場化に支配される大学/小倉利丸

○大学に、「男女共同参画」と「ネオリベ」がやってきた――グローバル資本主義下、女性労働力の再配置・格差化社会と大学/金井淑子

○新自由主義の暴力――横浜市立大学の場合/山根徹也

○高学歴ワーキングプアは発言する――「大学非常勤講師の実態と声2007」を手掛かりに/南雲和夫

○予備校――〈黄金〉の過去、苛酷な現在、将来への挽歌/菅孝行

○〈大学生座談会〉私たちにとってのキャンパス――「大学」という経験を描いてみる/エリ・カズ・アヤ・ユウ

○大学と労働運動のコラボレーション――一橋大学フェアレイバー研究教育センターの試み/高須裕彦

○私は大学組織・学者世界に「就社」したかったのではない――私はどこで何を模索しているのか/イダヒロユキ

<小特集>検証・洞爺湖G8サミット

●G8サミット対抗運動とは何だったのか/越田清和

●若いアイヌによる文化を軸にした表現活動と多文化共生の活性化――G8サミットを批判する連帯のひろがり/花崎皋平

●反G8行動の中で考えたこと/山口響

●アフリカ開発会議(TICAD)の空疎な現実――アフリカが求めるものからの乖離/高林敏之

<その他>

◆帝国の没落と「もうひとつの世界」への道筋を探る(下)――ブッシュ政権の終末を目前にして/武藤一羊

◆【座談会】世界と日本の運動に九条世界会議はどんな新しい展望を開いたか/川崎哲・弘田しずえ・武藤一羊

◆【6月15日ラウンド・テーブル報告】
「だれが破滅する地球を救うのか? 地球温暖化と食糧危機」
・環境破壊、エネルギー問題、そして食料危機/天笠啓祐
・どこへ行く?日本の環境政策――気候変動政策の現状と課題/足立治郎

<書評>

●イラン・パペ著『イラン・パペ、パレスチナを語る――「民族浄化」から「橋渡しのナラティヴ」へ』/鶴見太郎

●湯浅誠著『反貧困――「すべり台社会」からの脱出』/五十嵐守

●遠野はるひ・金子文夫著『トヨタ・フィリピン──グローバル時代の国際連帯』/山口響

<コラム>

【時評】映画『靖国 YASUKUNI』騒動──「刀」は「剣」である/天野恵一
【運動の思想を読む】28 アリス・ウォーカー『勇敢な娘たちに』/千田有紀
【うちなーだより】34 日米基地対策を刺す小アリ/由井晶子
【アジアのムラから見た《世界》】21 物価が2倍に跳ねあがった!/大橋成子

研究会報告
戦後研究会/憲法研究会/社会運動研究会

交流

投稿者:事務局
印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カテゴリー検索