2017-11-7 20:52:00
総会 : 【PP研シンポジウムのご案内】2017年11月11日(土)「朝鮮半島の危機と東アジアの平和構想」

みなさま

 2017年度シンポジウムを以下の要領で実施しますので、ご参加のほどよろしくお願い申し上げます。

「朝鮮半島の危機と東アジアの平和構想」

日時: 2017 年11月11日(土)14:00〜17:00(開場は13:30)
場所: ピープルズ・プラン研究所
報告: 湯浅一郎さん(ピースデポ)
  : 杉原浩司さん(武器輸出反対ネットワーク)
資料代:700円(PP研の会員・読者は500円)

 朝鮮半島をめぐる危機が深刻になっています。北朝鮮と米国の双方による軍事的挑発行為は、エスカレートの一途を辿っています。北朝鮮が「核保有国」をめざして核実験とミサイル発射実験を挑発的に繰り返せば、米国は朝鮮半島近辺への空母の派遣、米韓合同軍事演習、B1戦略爆撃機の飛来など軍事的威嚇行為を一段と強めています。
 ところが、日本国内では「北朝鮮の挑発行為」だけが大々的に報じられ、安倍政権は朝鮮半島での軍事衝突の危険を回避する緊要性について一言半句語らず、「対話と交渉」を真っ向から否定し「圧力の強化」だけを唱え続けています。そして、安保法制を密かに発動して米艦の防護や給油し、米軍の臨戦態勢に加担しています。さらに、Jアラートを繰り返し発動し、避難訓練に住民や子どもたちを動員して危機感と不安を煽っています。
 こうした事態に対して批判の声を上げ異議を唱える動きが少ないことに、私たちは危機感を持ちます。朝鮮半島の危機を解決するためには、米朝間の平和条約締結によって長年の戦争状態を終わらせる、東北アジアの非核化をめざす対話と交渉を再開する、米軍の軍事的威嚇行動に加担する安保法制の発動をストップする、といった課題が問われます。
 朝鮮半島の危機の本質を明らかにし、軍事力によらない東アジアの平和構想について論じ合いたいと思います。

投稿者:事務局
印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カテゴリー検索
新着ニュース