2016-2-25 18:53:00
研究会 : 【戦後研究会】3/23 シリーズ「戦後思想と原子力」その26

戦後研究会の案内です。
次回は原子力の問題に戻って、高木仁三郎さんの本を読みます。
読みやすい岩波新書ですので、以前読んだという方も、これを機に
手にとったという方も、是非ご参加ください。

■次回戦後研究会
日時:2016年3月23日(水) 19時〜
場所:PP研会議室
テーマ:シリーズ「戦後思想と原子力」・その26
報告者:篠木祐子さん
読んでくるもの:
高木仁三郎『原発事故はなぜくりかえすのか』岩波新書(2000年)


なお、次々回以降のテキストとして、
大庭健『民を殺す国・日本:足尾鉱毒事件からフクシマへ』筑摩選書(2015年)
高木仁三郎『科学は変わる:巨大科学への批判』
竹内洋『革新幻想の戦後史』(中央公論新社→中公文庫)
などが挙がっています。

投稿者:事務局
印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カテゴリー検索
新着ニュース