トップ (メニュー)  >  海外からのメッセージ、ニュースなど  >  フクシマ宣言「ノーモア・チェルノブイリ!ノー・フクシマ! 世界に核エネルギーはいらない!」
 世界社会フォーラム(WSF)のネットワークを通じて、日本の災害についての連帯のメッセージが、以下にあるように、とても多数の運動団体や個人の連名で出されて、署名が集められています。日付は3月24日。日本の状況の認識には明らかに誤っている個所がありますが、そのまま翻訳しました。署名はスペイン語のサイトで受け付けられているようです。あらためて今回の事態が人類が核と手を切るためのグローバルな意味をもつ事態であることを痛感。最後に英語の案内をつけておきます。(翻訳 武藤一羊)

フクシマ宣言
「ノーモア・チェルノブイリ!ノー・フクシマ! 
  世界に核エネルギーはいらない!」


 マグニチュード9の大地震と津波で、日本の国土の主要な部分が打ち壊され、何千もの人命、そして広い地域と都市が失われましたが、この日本の悲劇は世界中に連帯の気持ちを呼び起こしています。ここに署名した私たち、さまざまなネットワーク、組織そして個人は、まず日本の人びとに私たちの深いお悔やみをささげるとともに、この災害によって引き起こされた人道上の緊急事態への悲しみと共感を私たちがみなさまと共にしていることをお伝えいたします。

 さて、私たちは、この自然災害によって福島原子力発電所に与えられた影響が、極度に憂慮すべきものであると考えます。その影響によって、福島原発でいくつかの爆発が発生し、放射性物質が放出され、それにともなう深刻なリスクが引き起こされています。核燃料要素が過熱して溶融した場合は、状況はさらに悪化する恐れがあります。女川と東海にある2つの原子力発電所も危ない状態にあります。日本政府は、これ以上の災害を防ぐため、少なくとも11の原発を閉鎖することを余儀なくされ、600万人余の人びとが電気のない状態に置かれています。ほぼ20万人が、原発事故の有害な影響を避けるため避難させられ、被曝した人たちには公衆衛生上の対策がとられています。このような核の破壊力とそのリスクは、このシステムがいかに正義に反するものであるかを示すものです。福島原発は首都圏に電気を供給するためのものですが、原発の危険にもっともひどく晒されてきたのは原発周囲の住民なのです。そのかたわらで、利益を追求する企業は、原発を「クリーン・エネルギー」として輸出を促進しているのです。

 この悲劇的状況は、あらためて、原子力発電所が、世界の生き残りと安全に突きつける巨大な脅威であることを私たちに警告しています。40年前に日本の活動家が、この原発建設を拒否し、抵抗したことを私たちはあらためて思い起こします。今日、世界は自然災害の脅威によってばかりでなく、気候変動によっても変化しています。それは大規模な洪水、地滑りなど、この惑星の居住可能性に深刻な変化をもたらしています。最近リオデジャネイロで起こった土砂崩れは、近隣の原子力発電所を脅かし、状況が落ち着くまで運転を停めざるをえませんでした。このような地球の脆弱性は、われわれに大きい反省を要求しています。とりわけ、一旦悲劇が起これば、命を技術とお金で命は救うことはできないという事実を認識するよう、私たちに要求しているのです。

 気候危機とエネルギー需要を理由に、大企業と先進国は、核エネルギーを清潔で持続可能な代替エネルギーとして論じるようになっています。世界銀行は、自身のエネルギー計画で、水力発電ダムに加えて、原子力発電が大事な可能性であるとしています。しかし、それが、人類にとって危険と傷つきやすさを増大させる偽の解決策であることは、地球の変化を前にして、いまやますます明らかになっています。

 気候変動についての交渉の場では、核エネルギーは代替‘クリーン・エネルギーとして提案されています。だが核エネルギーが、技術と人間のいかなる制御をも免れる力をもっていること、そして何百万人の人びとの命、とくに将来の世代の命に、悪影響を与える潜在力をもっていることは、すでにいくたびも実証されているのです。同じ危険は、私たちの惑星を汚染する有毒廃棄物の扱いについてもいえるでしょう。リオ+20プロセス、国連気候変動枠組み条約、その他代替エネルギーに関連する各種フォーラムのような多国間フォーラムは、核エネルギーの危険の問題を真剣に取り上げるべきです。私たちは、諸国政府が、偽の解決に反対を表明している民衆と全世界の市民社会の声に耳を傾けるよう要求します。私たちは、諸国政府が、資本家の口述に従って地球の状態を弱体化するのではなく、世界中の何十億の人びとが生き残ることに、そして住居、健康、食料主権への人びとの権利を確保することに全力をあげるよう要求します。

 私たちは、世界中で原子力発電所を閉鎖する方向に動くこと、また民衆のための本物の解決策を探すことを要求し、起こってはならない損害を回避するためあらゆる予防策をとることを求めます。チェルノブイリとフクシマは、原発プロジェクトの推進をやめよという各国政府に対する強い警告です。エネルギー供給のために原子力を利用すること、さらにもっと悪く、戦争のためのに原子力を利用することは、やめなければなりません。

 ビジネスは私たちの関心ではありません。私たちが関心を持つのは、民衆をこれ以上傷つきやすくせずに、その生活と安全を守ることです。

 フクシマとチェルノブイリで沢山だ! ノーモア核エネルギー!

署名:
REDES - AMIGOS DE LA TIERRA – Uruguay、FUNDACION SOLON – Bolivia、ECOLOGISTAS EN ACCION – España、BLUE PLANET PROJECT – Canadá、TWN (La RED DEL TERCER MUNDO) FoEM FRIENDS OF THE EARTH – Malaysia、CONSUMERS ASSOCIATION OF PENANG - Malasia、PLATAFORMA BOLIVIANA FRENTE AL CAMBIO CLIMATICO、
COLECTIVO VIENTOSUR – Chile、HIJOS DEL MONTE, FRENTE NACIONAL CAMPESINO – Argentina、FOCO - Foro Ciudadano de Participación por la Justicia y los Derechos Humanos - Argentina
FEDAEPS – Ecuador、MOCICC (Movimiento Ciudadano Frente al Cambio Climático) – Perú、COMDA (Coalición de Organizaciones Mexicanas por el Derecho al Agua)
FOCUS ON THE GLOBAL SOUTH (Thailand, Philippines, India)、ALIANZA SOCIAL CONTINENTAL、SEEN PROJECT- IPS - USA、FUNDACION ECOSUR – Argentina
FUNDACION TERRAM – Chile、ASAMBLEA CIUDADANA POR LA VIDA de Chilecito – Argentina、Coordinadora por la defensa del agua y la vida. Provincia de El Loa
Asociación Colectivo Poder y Desarrollo Local – Guatemala、Asociación Vidas Verdes – Perú、GREENPEACE – México、GREENPEACE – Argentina、
JUBILEO SUR、ACCION ECOLOGICA – Ecuador、OILWATCH – SUDAMERICA、OTROS MUNDOS A.C. - Amig@s de la Tierra México、
FEDERACION UNIDAD ECOLOGICA SALVADOREÑA (UNES) EL Salvador、RED DE AMBIENTALISTAS EN ACCION - El Salvador
PACJA – África、GRAIN、CEUTA (Centro Uruguayo de Tecnologías Apropiadas)、MARCHA MUNDIAL DE MUJERES (MMM)、REMTE – Ecuador、
WOMEN COLECTIVE、ANAMPER- Chiclayo – México、CNMSPP "MICAELA BASTIDAS" – México、Women for Peace – Finland、Women Against Nuclear Power - Finland
Friends of the Siberian Forests, Russia、Bureau for Regional Outreach Campaigns - BROC – Russia、Space Allies, Japan、Marcha Mundial de las Mujeres - Peru
Red Latinoamericana Mujeres Transformando la Economía - REMTE Perú、REMTE – Bolivia、Foro de Acción Social (INSAF) – India、Centro Latino Americano de Ecología Social - CLAES
Grassroots Global Justice Alliance、Chile Sustentable、Consumidores por el Desarrollo – Peru、Agua Sustentable – Bolivia、ATTAC – Francia、
ALARC – Suiza、NGO Provincial Women – Russia、NGO Viola – Russia、Friends of the Environment in Negros Oriental (FENOr) – Philippines、
Center for Cultural Interchange – United States、Fundación por el Futuro – España、Radio Ecos 93.9 FM - Venezuela、Associação Paraibana dos Amigos da Natureza (APAN) - Brasil
Centro de Promoción y Desarrollo Andino (CEPRODA MINGA) – Peru、ATTAC – Japan、Ecoportal.Net, Argentina、Asociación Americana de Periodistas Bolivarianos – Capítulo Panamá
IBON INTERNATIONAL – Philippines、PEOPLES MOVEMENT on CLIMATE CHANGE – Philippines、NGO Forum on Indonesian Development (INFID) – Indonesia
Uganda Coalition for Sustainable Development、El Ojo con Dientes – Argentina、Democracy Center – Bolivia、Conciencia Solidaria – Argentina
Personal signatures
Irene León, Socióloga – Ecuador、Alicia Tarrio – Argentina、Ana Montenegro – Brasil、Andrey Laletin – Chairman、Alex Callinicos - London
Osvaldo Buscaya – Argentina、Graciela Raquel López – Bolivia、Maria Sandra Ochoa Ramos – Bolivia、Leo Mamicpic – Philippines
Miriam Buges – Venezuela、Elba Guerrero – Venezuela、Ramón Guillermo Díaz López – Venezuela、Noemi Abad – Argentina、Nick Buxton - Reino Unido
Franklin Ledezma Candanedo – Panamá、Armigenia O. Benedicto – Philippines

---------------------------------------------------------------------------------
(FYI, a declaration about Fukushima issued by organisations and movements, and individuals, from many parts of the world. You can find the original of the Declaration in Spanish @ http://www.ecologistasenaccion.org/article20130.html, and in English @ http://www.ecologistasenaccion.org/article20176.html.Please sign on, as an organisation or individual. As far as I can see, you can only do this on the Spanish-language site, http://www.ecologistasenaccion.org/article20130.html, towards the bottom. For those not familiar with Spanish, where it says ‘Tu nombre y apellidos’ add in your (organisational or individual) name, and where it says ‘Tu dirección de correo electrónico’, fill in your (organisational or individual) eddress (email id). And in case you still find it difficult to negotiste the language, you can perhaps also send your (organisation’s or own) name etc to Elizabeth Peredo, Ecologistas en Acción, Bolivia, @ elysolon@gmail.com.
プリンタ用画面

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

くじゅう のりこ   投稿日時 2011-4-1 21:19
 福島原発産生の電気をその快適な生活のために40年間消費・依存してきた東京の一人として恥じております。その原発開発・操行・維持のために被曝しながら働いてきた労働者の方々を犠牲にしてあった都会の私達の快適な生活と文化が問われています。
 被曝された労働者とそのご家族への謝罪と、今回の事故による放射能の拡散が与えている人々への不安と避難、食物制限・移動制限の不自由、被曝とその健康障害のリスクに対し、謝罪しなければならないと考えています。
3.11大災害関連