Re: いま、なぜ、ベーシック・インカムか 2018年7月20日 白川真澄

対象モジュール 論説
件名 いま、なぜ、ベーシック・インカムか 2018年7月20日 白川真澄
要旨 いま、なぜ、ベーシック・インカムか 2018年7月20日  白川真澄                         機.戞璽轡奪・インカムへの期待の高まり 1 いま、再び、ベーシック・インカム(BI)に対する関心や期待が高まっている。 (1)...

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: いま、なぜ、ベーシック・インカムか 2018年7月20日 白川真澄

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018-8-3 10:54
恒松隆一郎 
この論考にはどんな社会を構築すべきかという根本問題が回避されているように思います。この点を十分に説明する準備と時間がないので、とりあえず考えつくことを断片的にでも書いておきます。
• AIがもたらす失業問題に対して、BIと引き換えに容認、というのではなくあくまで、(賃下げを容認しても) 時短を最優先の要求にすべし。
• 「BIは普遍主義の典型です(-1-(2))」は誤りであることに気づいてほしい。普遍主義とは基本的なNeedsについて万人に平等に、同質な保証がなされることです。高額医療か安い医療か、高額教育か低額教育かetcを、支給されたBIと追加所得+資産をもとに自由に選択できるる社会ではなく、必要に応じて同質な医療や教育etcの給付が保証される社会を目指すべきです。
• 生活保護についてもっと注目すべきです。
   受給率は西欧では有資格者の90%、日本では15%。
   日本では唯一のNHS型給付であること(今の精度では生活保護受給者は医療保険に加入せず治療費は本人を介さずに全額病院に振り込まれますが、BIに変わればBI支給額から社会保険料として差し引かれ、給付の最自己負担金も払うことになります)、に気づいている人は少ないかもしれませんが、これはものすごく重要です。
   財務省発行の広報誌「ファイナンス」2015年9月号によると、現行の生活保護の平均給付額は月15万円とされています。BI支給額はこれ以上(+保険料)でないと行政のコスト(選別システム)削減は出来ません。
  ぁ仝醜圓寮験菠欷遒楼緡塗渊が47%(うち精神疾患の入院費が18%を占めています)これは生存保障であるとともに、精神障碍者を私的精神病院に隔離するという、精神障碍者収容対策を担う私的病院への国による経営支援であることを意味しています。
• その他いろいろ問題がありますので、BIの検討は慎重にお願いします。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ