返信する: コメントをお寄せください

対象モジュール 論説
件名 エジプト人民の重要な勝利/ サミール・アミン(SAMIR AMIN)
要旨



オプション

参照

Re: エジプト人民の重要な勝利/ サミール・アミン(SAMIR AMIN)
投稿者: 高林敏之 投稿日時: 2013-7-10 11:33
 イスラエル有力紙ハーレツの報道によれば、対エジプト軍事援助を停止しないよう、イスラエル首相・閣僚らが米政府に働きかけているという。軍事援助停止はイスラエルの安全保障に否定的な影響を与えかねず、とりわけシナイ半島における治安がさらに悪化する可能性ありと警告。軍事援助停止はイスラエルとエジプトの平和条約を損ないかねない、とも。クーデタとモルシー政権の追放には満足の意を表明しつつ、可能な限り早期の民政復帰の必要性で米側と同意とのこと。
http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/israel-urged-u-s-not-to-halt-aid-to-egypt-says-top-american-official.premium-1.534651

 モルシー政権は対イスラエル関係に慎重な姿勢をとってはいたが、ガザを支配するハマースと深い関係を持ち、イランとの関係を正常化したムスリム同胞団系政権よりも、35年以上も深い関係を築いてきた軍部の影響下にあるエジプト政権の方を、イスラエルが好むのは当然であり、この記事の信憑性は高い。かといってエジプトでイスラーム主義者の抵抗運動が強まることもイスラエルにとっては危険なので、上記のような対応になる。
 一方、アラブ首長国連邦は、エジプトの暫定政権に対し30億ドル(10億ドルは贈与、20億ドルは融資)を援助することで合意。サウジアラビアもエジプトに20億ドル貸与の見通し(エジプトのアハラム紙)。
http://english.ahram.org.eg/NewsContent/3/12/76096/Business/Economy/UAE-agrees-to-give-Egypt--billion-in-loans-and-gra.aspx

 「民衆の声に応える」と装った軍事クーデタ政権には、イスラエルやら湾岸専制君主諸国やら、抑圧勢力が次々に手を差し伸べる。サミール・アミンら左翼の有識者はこれでもなお、今回の政変を「人民の勝利」などと思うのだろうか。