メニュー  >  (English&Chinese)Buildup of Nuclear Armament Capability and the Post-War Statehood of Japan/Muto,Ichiyo
標題の英文論文は、昨年出版された武藤一羊著『潜在的核武装と戦後国家』の巻頭に書き下ろされた同名の論文の英訳です。

ピープルズ・プラン研究所の英文サイトPPJaponesiaが更新できないでいる状況なので、英語版をこのサイトに掲載します。原文は上記書物(社会評論社)で読むことができます。

また思想史家の孫歌さんの監修で翻訳された中国語版もアップロードしました。中国語版は、多少カットされた版が雑誌『天涯』(2012年3月号)に掲載され、全文は台湾で創刊された『人間思想』第2号(2012年12月)に掲載される予定です。

The following essay is the English version of Muto Ichiyo’s Japanese article written anew for his anthology of essays published in 2011, titled “Senzaiteki kakubuso to sengo kokka” (Potential nuclear armament and the postwar Japanese state). You can also read the Chinese version on this site.

◆(English)Buildup of Nuclear Armament Capability and the Post-War Statehood of Japan/Muto,Ichiyo[text]

◆(English)Buildup of Nuclear Armament Capability and the Post-War Statehood of Japan/Muto,Ichiyo[PDF]

◆(Chinese)Buildup of Nuclear Armament Capability and the Post-War Statehood of Japan/Muto,Ichiyo[PDF]
プリンタ用画面

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧